« 時間を止めるサービス | トップページ | 体当たりして遠くへ飛んでいく夏の風物詩 »

EQ (Emotional Quotient)

 EQなんて人の性格に優劣をつけて感受性が豊かな人を持ち上げているだけだろう。IQの低い人間による負け犬の遠吠えのようなものだ。そう思っていたので私はいままでEQを軽視していました。

 しかし、それは単なる偏見であってEQを批判する根拠になりません。そう思っていたこともあり、偶然本屋でEQに関する本を見かけたときに少し立ち読みしてみることにしました。

 読んでみて分かったのはEQが人の性格に優劣をつけるものではないということです。感受性の豊かさがどうこういうのではなく、どうやら感情をコントロールすることがEQを高める目的のようです。たとえ感受性が豊かでも感情に振り回されていてはいけません。また、EQを高めることは怒りや悲しみややる気などをコントロールする能力を身につけることであって、ものの考え方を変えてしまう洗脳とは違います。

 本の最初の方、EQの必要性を訴えたり宣伝している部分は確かにうさんくさいものがあります。しかしEQはどんな能力かという知識や、それを高める方法を実践するのは役に立つものと考えられます。

EQ こころの鍛え方 行動を変え、成果を生み出す66の法則 Book EQ こころの鍛え方 行動を変え、成果を生み出す66の法則

著者:高山 直
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 時間を止めるサービス | トップページ | 体当たりして遠くへ飛んでいく夏の風物詩 »

「心と体」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43621/1874604

この記事へのトラックバック一覧です: EQ (Emotional Quotient):

« 時間を止めるサービス | トップページ | 体当たりして遠くへ飛んでいく夏の風物詩 »