« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

安易なパスワード

 外国のことではありますが、安易なパスワードのトップ10が公開されたそうです。「123」やら「password」など、何のためにパスワードを使うのか分からないようなものが列記されています。ここに載っているのはトップ10までですが、トップ100でもトップ1000でも使うべきでないことは同じです。

 とはいえ、分かりにくいパスワードとして何の意味もない英数字の羅列をパスワードにしていると、「パスワードを全く思い出せなくなり、パソコンを動かせなくなってしまった」なんてことになりそうです。

 パスワードをパソコンに記録して自動的に入力されるようにしたり、あるいはパスワードが必要なサービスをしばらく使っていなかった場合は忘れてしまう可能性が高いです。

 そのため、パスワードを忘れたときのためにどこかに保管しておくように指示されることもあります。紙を見ながらパスワードを入力しているところを他の人に見られないよう気をつける必要がありそうです。

 それはそうと、「ほぼ1000人に4人」と「ほぼ250人に1人」はほぼ同じ確率なのになぜ違う言い方をしているんでしょう。

安易なパスワードのトップ10発表

ここに挙げたトップ10のうちどれかを自分のパスワードとして使っている人は、すぐに変えた方がいいと、Modern Life Is Rubbishはアドバイスしている。

 最も安易なパスワードの首位は「123」――。英国のWebサイトModern Life Is Rubbishが、主に英国で最も多く使われているパスワードのトップ10を紹介した。

 首位の「123」は、単純な連続番号をパスワードに選んでしまう人が、ほぼ1000人に4人の割合でいるという証しだ。2位は「password」で、ほぼ250人に1人がこれを使っていた。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0606/30/news020.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伸びる棒、飛ぶ傘

 折りたたみ傘を開くときに横着したら大変なことになった経験があります。

 ふつうの傘とは違い、折りたたみ傘の場合は傘の棒の部分を伸ばす必要があります。これを伸ばすときは取っての部分と傘本体をそれぞれ持って引っ張るかと思います。

 しかし、私はこれを片手で伸ばしていました。どうやったかというと、片手で取っ手を持ち、傘を強めに振るのです。そうすると、傘本体の重みで棒の部分が伸びるわけです。

 こんなことを何度かやっていたのですが、ある日、失敗に終わりました。傘を振ったところ、傘本体と棒の部分が分離、本体が吹っ飛んでしまったのです。手に持っているものを見るとただの棒でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内定レッドと英語

 先日、志望度の高い会社から内定をもらって以来、どうもやる気がなくて困っていました。内定ブルーの逆の現象が起きています。

 修士の研究でもそれなりの結果を出し、ちゃんと修了できる可能性が非常に高いです。あと半年以上もある大学院でやる必要のあることは修士論文発表会くらいでしょうか。そのため、学業の方はやる気がなくなってしまいました。

 そういう理由で「さっさと就職したい」なんて思ったりします。ただ、残りの学生生活をだらだらと過ごすよりは、就職してから必要になりそうな知識を本で調べておく方がいいでしょうし、実際そうする予定です。しかしそれは修士の研究をする意欲を取り戻せるような理由にはなりません。

 それでしばらくやる気のない状態が続いていたのですが、昨日からやる気を取り戻しました。来月中旬には学会発表があるためです。しかも日本語ではなく英語で発表する羽目になっています。

 日本語のときは発表内容にさえ気を配っていれば良かったのですが、英語になると大変です。英語に気を取られて原稿を書くと、あとでよく読んでみたときに説明不足になっている部分があることに気付いたりします。しかも自分で書いた原稿を訳す必要がでてきたりもします。日本が大幅に経済成長して、英語をしのぐほど日本語が広まって、英語を学ばなくてすむようになったりしないかなと思うことまであります。

 来月の9日から13日は家にいないので、その間はブログを休みます。その前後の日も記事を書かない可能性が低くありません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

パソコン操作中の目の疲れと作図

 どうもパソコンを長時間使っていると生気が吸い取られていくような気がします。だんだん集中力が落ちていき、そのうち何もやる気が起きなくなります。

 実際はそんな奇妙な現象が起きているのではなく、単に画面をずっと見つめていて目が疲れてくるだけのような気がします。あまり目を使いすぎると、一睡して次の日になっても目の疲れが取れていないようなことまであります。何にせよ、パソコンを長時間使うのが目に良くないことは確かです。

 しかし大学院の研究がパソコンをフルに使うような分野なので、なかなか避けにくいのが現実です。そのため、パソコンを使わずに済むことは紙で済ませてしまおうと最近では考えています。

 文字入力がメインであれば書いたり消したり途中に挿入したりするのが簡単なパソコンの方がだいぶ扱いやすいですが、作図で大まかな構成を決めるのは自由度の高い紙と鉛筆に軍配が上がります。パソコンだと簡単な図を書くのにも手数が多くなります。

 そういう理由で、気がついたら無駄な図を書いているようなこともたまにあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

就職と携帯電話とインターネット

 今月は携帯電話の使用料金を調べようと思いauのサイトにアクセスしたのですが、いつの間にか、新しい機種はどんなものがあるのか調べていました。製品のラインナップを見ていて、WIN機種が多いことがどうしても気になります。今後はcdmaOne 1Xの機種は減っていくのでしょうか。

 現在は「コミコミOneエコノミー」にガク割を使っているので、通信料と通話料を無料通話内に抑えれば毎月2404円で済みます。しかし、WINに乗り換えるときは問題があるかもしれません。どういうわけかWINの料金プランにはガク割が適用できません。しかもガク割は1年単位の契約になっていて、途中で辞めると違約金を取られてしまうのです。

 携帯電話で音楽を聴くことのできるMUSIC HDDが発売されたときはWINに乗り換えようかと少しだけ思ったのですが、ガク割を適用できないので断念しました。

 それで「就職したときにWIN機種にしよう」と考えました。WINの最も安い料金プランに年割を適用し、EZwebの通信も一番安いものを使えば毎月2700円くらいで済みそうです。

 ところで、パケット通信の料金を調べようとしていたとき、間違えてデータ通信のページを開いてしまいました。ここでデータ通信というのは、パソコン本体にアダプターやケーブルを差し込むことで、携帯電話の回線を通してパソコンでインターネットに接続するサービスのことを指すようです。

 ひょっとするとプロバイダーに加入するより、ダブル定額を使ってこれでインターネットをするほうが安いのではなかろうかとも思いました。しかし、こんなことが書かれていました。

注2)       au.NETのパケット通信料は、「ダブル定額ライト」・「ダブル定額」の上限額の対象とはなりません。

さすがにそううまくはいかないようです。

 就職したらどのプロバイダーに加入しようかとDIONのページを少しだけ開いてみたりもしました。しかし、就職後に住む寮のインターネット環境がどうなっているか分からないことに気づき、あとで考えるべきだろうという結論に至りました。寮では光ファイバーケーブルの帯域を入居者で分け合ったりしているのでしょうかね。

au by KDDI
http://www.au.kddi.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偽装請負の危険性

2重3重は当たり前の「偽装請負」――甘えは過去のものになる
http://it.nikkei.co.jp/business/column/ochi_comp.aspx?n=MMIT03000012062006

 ちゃんとこの問題を意識して就職活動を進めていたので私はたぶん大丈夫だと思いますが、IT業界に進む者としては気になる問題です。

 上の記事の図でいうと、労働者の仕事はA社、B社、C社のいずれの会社のもうけにもなりますので労働者本人の収入はどうしても少なくなります。また、偽装請負で派遣されて行う仕事は単純作業が多く、転職しようとしてもまっとうな企業に入るのは難しいことが多いそうです。実体は派遣ですから、せいぜい30代までしか働けないとも聞きます。この業界で35歳定年説というものがあるのですが、きっとこういう理由で生まれたのでしょう。

 この記事を読んでいて、学部を卒業するときに機械工学科からIT業界に進出した知り合いTや、今年の4月に修士了で就職した先輩Sさんは今頃どうしているだろうかと思いました。Tには来月会う予定なので、まともに働くことができているのかとそのときに聞くとして、心配なのはSさんです。

 Sさんは、インターネット上で非常に悪い噂のある会社に就職していきました。「何年いても数千円しか給料があがらない」「離職率が高い」「偽装請負をやっている」など、「みんなの就職活動日記」(みん就)でかなり悪く言われています。IT業界は全体的に残業が多く、離職率が高く、偽装請負をしている企業も多いです。それでもみん就で変な噂が立つことは少ないのですが、Sさんがつとめている企業は別格でした。

 個人がインターネットに発信した情報は信憑性が高くありません。だからといって、それを嘘だと思いこみ、「仕事が厳しいのはどこも同じ」と自分に言い聞かせて評判の悪い会社に就職するのは危険だと思います。

 私が知っていることのうち、どの程度が本当でどの程度が嘘なのかは分からないところがありますが、何にせよ偽装請負はなくなってほしいものです。リンク先の記事では「法律を守ったうえで、別の仕組みを業界全体として考えていくべき」という結論になっていますが、そう簡単なものではなさそうです。どちらかというと、企業の勝手な都合に合わせて合法化されてしまう可能性のほうが高いかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レミオメロンってどんなメロン?

 変な名前だなーとは思っていました。きのうまでレミオロメンの名前を「レミオメロン」だと思っていたのです。間違って名前を覚えていたので、変な名前だと思うのも当たり前ですね。正しい方の名前でも変な名前だと思うのはきっと気のせいでしょう。

 他に間違っている人もたぶんいるだろうと思い、「レミオメロン」でGoogle検索してみると「レミオメロンじゃございません」というタイトルのページがトップに表示されました。いきなり否定されてます。それでも46100件ヒットするのですから、間違えている人は結構いるようです。

 レミオロメンといえば、先週の土曜日にエンタの神様でヒライケンジが「粉雪」を歌っていたのを思い出します。最初の1ページに「粉雪 レミオロメン」と書いてあったはずですが、案外これも「レミオメロン」になっていたりはしなかったか……などと思ったりもします。残念ながら録画していたわけではないので確認はできていません。

 そういえば、この前の日曜日にヒライケンジに関する記事を書いたことを思い出しました。……ということは。気になってその記事を確認してみると、「レミオメロン」としっかり書かれていました。ヒライケンジを思いこみで馬鹿にしているところではありませんね。

エンタの神様
http://www.ntv.co.jp/enta/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

睡眠時間の経験則

 日にもよりますが、最近はどちらかというと質のよい眠りが得られていない気がします。一応は目が覚めてもまだ眠っていたいと思いますし、実際そのまま眠ってしまいます。起きても寝ぼけた状態だったりします。

 夜眠って朝起きるときにはどうも眠いのに、10分や30分くらい昼寝した直後はわりと目がさえているのは不思議です。

 寝ている間に他の動物に襲われたら困るのだから長時間眠ることに適した体にはなっていないなんて話をどこかで聞いたことがあるのですが、そういう理由なのでしょうか。

 その話かどうか忘れてしまいましたが、睡眠時間の短い日が続くことで効率よく休むことができるようになり、短い睡眠時間でも十分活動できるようになるとか、長い睡眠を取るのはただの習慣だとか聞いた覚えがあります。なかなか信じがたいものがありますが……。

 実際、短い睡眠時間で済ませようとしていつまでも起きていると朝起きるときに大変です。経験上、0時頃までに就寝できると気持ちよく起きられる気がします。0時前に眠ると朝の5時半くらいに目が覚めたりするのですが、そんなに早く起きてもしょうがないのでまた眠ってしまいます。

 ひょっとすると、睡眠時間の長さではなく眠る時刻が重要なのではないか、5時半ごろに起きて活動してもわりと眠くならずにすむのではないかと思うこともあるのですが、なんとく気が進まないので試していません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日経ビジネス試読中

 もう何か月前の話になるのか忘れてしまいましたが、以前、週刊誌「日経ビジネス」の試読を勧める宣伝が送られてきました。試読終了後は自動的に有料の購読に変わるというのが気になりましたが、2か月間は無料で読むことができるそうです。来年度には就職することもありますし、どんなことが書いてあるのか気になったので申し込んでみました。

 日経ビジネス2冊を読んでみたところ「どう読めばいいのか分からない」というのが正直な感想です。単に書いてあることが理解できないという意味ではなく、読んでいて「それを知って何の役に立つの?」と疑問に思います。

 新聞記事や社説は読んでそれなりに納得できます。しかし、日経ビジネスはどうもピンときません。経営学的な視点がほとんどないからなのか、それとも畑違いな分野に関する記事は読まないものなのかと適当な理由をつけて勝手に納得しています。文系の学生やビジネスマンなら読んでいて大いに納得できる記事なのでしょうか。

 スキルアップするためには遅かれ早かれ経済や経営に関する知識が必要になってくるでしょうから、もっと基本的な、素人向けの本を手始めに読んでおこうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動販売機の構造

 駅で自動販売機の缶飲料を入れ替える作業をしている人を見かけました。自動販売機の前面を開き、中に缶飲料を詰め込んでいました。

 自販機の中は、缶を取り出す部分が下のほうにあり、缶をいれて積み重ねておく部分が上のほうにあります。真ん中には鉄板があり、おそらくこのあたりで温度を調整しているのでしょう。

 つまり、上の方にある缶は温度が調整されていないのです。ということは、同じジュースを30本くらい一度に買うと、ぬるい缶が出てくるかもしれません。

 30本というのはかなり適当な数値です。実際に何本程度でぬるい商品が出てくるのかは分かりません。ただ、冬はコーンスープが軒並み売り切れていたりするので、自販機もそれほど多くの本数は入らないと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

純情きらりと格差社会

 NHK総合で8時15分から放送されている「純情きらり」を見ました。放送時間が15分しかないので「もう5分経ってしまったか」と時間が気になりつつ見ていました。

 今回見ただけではどの辺が「純情きらり」なのかさすがに分かりませんが、「これが言論弾圧ってやつか……」などと思いながら見ていました。

 「あまい汁を吸える人と吸えない人がいるのはおかしい」というような話をしていた人がいましたが、昔はあんなので共産主義だとか言われていたのでしょうか。この話自体はフィクションでしょうが気になるところです。

 いまでもこれと同じようなセリフをよく聞きます。そういう点から考えて、経済自体は成長しても、経済的な自由権はあまり進歩していないのでしょう。日本の政治は「裕福層の裕福層による裕福層のための利益誘導」という感じがします。

 ところで、別に悪いことだとは思わないのですが、NHKのドラマに方言が多く出てくるような気がするのはなぜなのでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

エンタの神様芸人占い

 きのう偶然「エンタの神様芸人占い」という占いを見つけたのでやってみました。「???」の部分は本名です。

???さんはカンニングです!

● カンニングさんのあなたは、飾り気のない実直な人です。温厚で真面目、頭も良く、さらに自分のことは犠牲にしても人のために力を注ぐことのできる人格者です。しかし独立心が旺盛なので、人には援助するのに、自分が困ったときには誰にも頼ろうとしません。少々無理なことでも、意地と気力で乗り切ってしまえるあなた。そんなパワーを持っていることを自覚しているのでしょう。また、素朴な雰囲気とは裏腹に、実は結構頑固者。柔軟な考え方をしそうに見えて、自分の考えをしっかりと確立しています。しかも情や一時的な感情に流されない、非常に理論的な考え方です。客観性や論理性など、ビジネスで有用な能力を持つあなたは、大物の風格さえあります。注意点は「友情」。友達をもうちょっと使いましょう!

● ???さんの結婚チャンス年齢は、19歳・24歳・25歳です!

●    そんなあなたの本日の運勢はこちらです!

 私の性格とこの解説が合っているかどうかはともかく、カンニングとこの解説は「飾り気のない実直な人」という部分しか合ってないような……。気のせいでしょうか。

 運勢を見られるらしいので見てみると、以下のように書いてありました。 

1位 ★カンニング
じゃんけんで負けなしの日

 「1位という割には大したことがないな」と思ったのですが、少し考えればそんなの当たり前です。最下位が12位ということは単純に考えて12日に1度程度の幸運なのです。ちなみに、この運勢のコメントは当たりました。きのうはジャンケンで負けていません。そもそもジャンケンをしていませんが……。

 他の人の運勢も見たところ、こんなのがありました。

3位 ★青木さやか
小さなきっかけで愛が芽生える

 1位よりはるかに幸運そうじゃないか……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンタの神様と予知能力?

 毎週エンタの神様の感想を書いていれば、「エンタの神様」でGoogle検索したときにこのブログがヒットするようになるかなぁなどと思いながら、またエンタの神様を見ていました。実際に検索してみると250件目あたりに表示されてます。100件目あたりを目標に書いていくとしますか。

 さて、きのうの新聞のテレビ欄では、エンタの神様のところに芸人の名前が何人か書かれていました。その中に「Hケンジ」も書かれていました。ヒライケンジを卒業して阿部寛で出てくるんじゃなかったのか……。まさか平井堅の新曲で出てくるのだろうかと予想していたのですが、そうではなかったようです。レミオメロンの粉雪を歌っていましたね。

 それにしてもヒライケンジが新聞のことに触れたときは「まさか!」と思いました。予想通り、次のページでは「Hケンジ」に言及してましたね。なんで予想通りなのかというと、新聞の番組欄に「Hケンジ」と書かれていたことを、以前にこのブログでふれたためです。前回、ヒライケンジが出演したときに書いた「エンタの神様で気になること」という記事です。

 このネタが出てきたので「まさか本人がこのブログを見ているんじゃ……」などと思ったりもしました。ヒライケンジにネタを提供したとすればすごいですね。そんなことあるはずもないですが。

 次に「いつもここから」が出てきました。なんら防犯登録をネタにしていましたね。そういえばこのブログでも、今月16日に自転車の防犯登録について書きました。「警察官に呼び止められました」という記事です。偶然が重なることもあるんだなぁと思いつつも少し不思議な感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿屋と馬車と体力回復の謎

「宿屋に泊まると体力が回復しますよ」

 こんなセリフがドラゴンクエストに出てきた気がします。ドラクエを始め、ゲームの世界では一泊しただけで完全回復するのは少しうらやましい気がします。現実では一泊しても完全回復するかどうか怪しいですし、場合によっては二日酔いになったり筋肉痛になったりしてしまいます。

 ところで、ドラクエでフィールドを歩いているとそのうち夜になり、さらに歩いているとそのうち昼になります。この間、馬車の外で歩いている人が回復しないのは分かりますが、馬車の中にいる人が回復していないのはなぜなのでしょうか。馬車の中にいる人が交代で眠っていればいいと思うのですが。ひょっとすると馬車の中にいる人も、中で歩き回っていたりするのでしょうか。謎です。

 ところで、全員が馬車に乗って、敵が襲ってきたときだけ外に出るということはできないのでしょうか。その方が外を歩かずにすんでいいと思うのですが。たしか、馬車から外に出るのは1ターンかからなかったような。外に人がいることで、周囲から敵が襲ってきたときに気付くようにしているのでしょうか。たとえそうだったとしても、馬車の後ろを歩いている人は馬車に乗って、後方を見ていた方がいいでしょう。その方が、後ろが見えるため視界が広いはず。馬車の後ろに立って、前の方を見て歩いても、見えるのは馬車の中だけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

警察官に呼び止められました

 きのうの昼間に自転車に乗って大学へ行こうとしていると「すみません、ちょっといいですか」と後ろから呼び止められました。呼び止めたのは自転車を運転していた若い男性の警察官で、防犯登録の確認をしたいとのことでした。

 防犯登録をしているか、自転車をどこで買ったか、住所、氏名を聞かれました。そして、警察官は無線で何か話をして、自転車の防犯登録の番号を3回くらい読み上げていました。3回も読み直すくらいなら、数字をそのまま言わず「イチジク、ニンジン、サンショにシイタケ……」で確認した方が確実でいいような気もします。まあ、格好はつきませんが。

 しばらくして、無線の機械から私の名前が聞こえてきました。OKだそうで。そのまま私は大学へ向かいました。

 それから100~200メートルくらい進み信号待ちをしていると、こんどは若い女性の警察官が近づいてきました。「また防犯確認をするのかな」と思っていたところ、警察官に話しかけられました。

 「スタンド立ってると危ないですよ」といわれ、スタンドを水平にしたのち、雑談になりました。「これから仕事ですか」「いえ、大学にいくところです」「○×大学ですか」「はい」「何年生ですか」「修士の2年です」「すごいですね」とのことです。……結局、それだけでした。

 それにしても、巡回している警察官に2度も話しかけられるとは思いませんでした。最近何かあったんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Google」をGoogleで検索

 「Google」をGoogleで検索してみました。

Google の検索結果のうち 日本語のページ 約 94,600,000 件中 1 - 30 件目 (0.18 秒)

 期待通りといいますか、Googleへのリンクが検索結果のトップに表示され、Googleのコンテンツがそのあとに続いていました。

 今度は「Gogle」を検索してみると……

Gogle の検索結果のうち 日本語のページ 約 60,900 件中 1 - 30 件目 (0.18 秒)
もしかして: Google

 Googleにつづりのミスを指摘されてしまいました。検索結果のトップにもこんな表示がでてきました。

gogle Google(グーグル)はこちらです!
gogle ではなく「Google(グーグル)」だと思います。「o」が1つ足りません。

 「Gooogle」ではどうでしょう。

Gooogle の検索結果のうち 日本語のページ 約 20,100 件中 1 - 30 件目 (0.25 秒)
もしかして: Google 

gooogle Google(グーグル)はこちらです!
gooogle ではなく「Google(グーグル)」だと思います。「o」が1つ多くなっています。
http://shattered04.myftp.org/gooogle.html

 そして、「o」をひとつずつ増やしていきました。

Goooogle の検索結果のうち 日本語のページ 約 23,100 件中 1 - 30 件目 (0.41 秒)

Gooooogle の検索結果のうち 日本語のページ 約 774 件中 1 - 30 件目 (0.50 秒)
もしかして: Goole

 Gooleってなんだろうと思い、「もしかして」のリンクを検索してみると「AA大辞典検索ツール・グール」というサイトが出てきました。それによると……

Q:グールって何?
A:インフレーション・ドライブの中継地点ウォッチャーズ・ネストに現れる異生物です。

とのことです。何のことかさっぱり分かりませんが、そういうことなのでしょう。

 さらに「o」増やしていくと「Goooooooogle」で2ちゃんねるのスレッドが出てきました。

goooooooogle
goooooooogle; 1 名前: 名無しさん 投稿日: 2001/05/04(金) 07:30: どうよ? 2 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2001/05/04(金) 07:34: どうよもこうも なにさ? 3 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2001/05/04(金) 10:23 ...

 さらに「o」を増やすと

Gooooooooogle の検索結果のうち 日本語のページ 約 678 件中 1 - 30 件目 (0.56 秒)
もしかして: Goooooooooogle

gooooooooogle.com - [ このページを訳す BETA ]
gooooooooogle.com. ... Click here to go to gooooooooogle.com.
www.gooooooooogle.com/ - 1k - キャッシュ - 関連ページ

「gooooooooogle.com」というウェブサイトが表示されました。「gooooooooogle.comを表示するにはここをクリックしてください」と書かれていますが怪しいです。開かないほうがよいと思われます。

 一体どこまで「o」を増やせば検索結果がなくなるのかと思い、とにかく増やしていくと……
Gooooooooooooooooooo oooooooooooooooooooo oooooooooooooooooooo oooooooogle(実際には空白を入れない)を検索したときに

サーバーエラー
サーバーエラーのため、検索結果が表示できません。

このエラーが続く場合は、このエラーメッセージと原因となったサーチを error@google.com までご連絡ください。

 と表示されましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

就職が決まりました

 去年の12月ごろに合同企業説明会に参加して半年と半月、志望度の高い企業からようやく内定をいただくことができました。きょう、そのことを電話で連絡をいただいたばかりです。近いうちに懇親会か何かの通知する電子メールや、いろいろと重要な書類が届くそうです。

 私が志望しているIT業界はかなり残業が多いらしいのですが、それでも事業内容としては興味深いのです。

 また、合同企業説明会で訪問した企業の人事の方によれば、この業界は採用活動が長いそうです。他の分野を専攻している知人は、2月~3月ごろに、遅くても4月ごろに内定が出たという人が多いですが、IT業界で6月ごろまで会社説明会を行っている企業も多いです。

 私はいまごろになって就職先を決定しましたが、それでも、これまでに訪問してきた企業より、きょう連絡をいただいた企業に入社できることをうれしく思います。落ちたからその企業に対する印象が悪くなったという部分もあるかもしれませんが、それだけではありません。私が入社を決意した会社は、他のどの会社より、説明会が良かったと感じたのです。説明を聞いていて身震いするほどでした。

 この前の最終面接ではアピールしきれなかったと思い、かなり落ち込んでいたのですが、電話がかかってきたときにはそれが一転しました。

 さて、きょうはもうひとつうれしい出来事がありました。ソフトウェア開発技術者試験に合格したのです。

受験番号 SW*** - **** の方は,合格です。

午前試験のスコアは,660 点です。
午後I試験のスコアは,665 点です。
午後II試験のスコアは,630 点です。

    * 合格基準は,午前,午後I,午後II試験のいずれも600点です。

 ソフトウェア開発技術者とは下記の水準を満たしている人のことです。

期待する技術水準

 情報システム開発におけるソフトウェア開発技術者として,外部仕様に基づいて内部設計・プログラム設計・プログラム開発を行い,高品質なソフトウェアを開発するため,次の知識・技能が要求される。

  1. ネットワーク,データベース,システム構成などの情報技術に関する全般的な知識をもち,上位技術者の指導のもとに情報システムの設計ができる。
  2. 内部設計書・プログラム設計書を作成できる。
  3. プログラミングに必要な高度の論理的思考をもつ。
  4. ネットワーク,データベースなどに関する実装技術をもつ。
  5. 一つ以上のプログラム言語の仕様を熟知しており,その言語の特徴を利用して効果的なプログラムの開発ができるとともに,基本情報技術者を指導できる。
  6. プログラムのテスト手法を熟知しており,単体テスト・結合テストの計画と管理が行え,テストの実施についてはプログラム開発要員を指導できる。

 要は、コンピューター・システムを構築するのに中心的な役割を果たす技術者ではないものの、プログラミング程度のことなら卓越しているというわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キーボード操作、削除と切り取りの落とし穴

 Windowsの利用者であれば、パソコンのほとんどの操作はマウスだけですみます。

 しかし、マウスカーソルをどこかに合わせるのは結構不便です。たとえば選択した範囲をコピーするとき、右クリックメニューを開いてマウスカーソルをあわせるのではなく、キーボードで操作したほうが簡便です。

 コピーしたい範囲を選択したらCtrlキーを押しながらCを押すだけでコピーされます。同じように、切り取りであればCの代わりにX、貼り付けであればCの代わりにVです。また、削除するときは単独でDeleteを押します。

 また、マウスカーソルで数文字を選択するときも、マウスでだいたいの位置をクリックしてからキーボードの方向キー(↑、→、↓、←)を押して選択範囲の先頭を指定し、あとはShiftを押しながら方向キーを押すことで選択します。

 ファイル名を変更するときや小さなエディットボックスの文字でキャレット(※)を移動するとき、マウスでは操作しにくいです。そんなときにキーボードを使うと操作しやすくなります。

 さて、そこまではいいのですが、ときどき、削除したいのになぜかコピーされているということがありました。貼り付けたときに出てきたのが、Deleteキーで削除したはずの内容になっているのです。毎回そうなるわけではないうえに特定のソフトで発生しているようなので、そのソフトのバグかと思っていました。

 しかし、そうではなかったようです。全く関係ないソフトのエディットボックスを操作したときも同じ現象が発生したのです。

 それですぐ分かりました。Shiftを押しながら方向キーで選択したのち、Shiftキーを離す前にDeleteを押していることが原因でした。Shiftを押しながらDeleteでもコピーができることを完全に忘れていました。

 パソコンを使い始めて8年くらいになりますが、去年までこの誤操作をせずにすんでいたことが不思議です。

※キャレットは、文字の入力位置で点滅している線のこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンタの神様、芸人の動きと見た目

 今回のエンタの神様は全体的に面白かった気がします。サッカーを見ていた人は残念でしたね。いや、そうは思わないからサッカーを見るんでしょうが。

 摩邪は何か言ってからマイクを叩きつけてポーズを取るまでは堂々としているのに、そこからマイクを拾って元の位置に戻るまではチョビチョビ歩きます。「気付いちゃった、気付いちゃったワーイ、ワイ」といったところでしょう。私はエンタの神様を小梅大夫が出てくる少し前から見ているのですが、マイクを叩きつけたあとの摩邪のポーズが何なのかいまだに分かっていません。アジャコングと関係しているのでしょうか。

 摩邪よりきれいと認められ浜崎あゆみとも間違えられる桜坂やっくんは、観客に頼らない面白さを見せた気がします。白雪姫の継母の鏡によればレイザーラモンHGが今年の暮れには消えるそうですが、年が明けて少ししてからめっきり見かけなくなってる気がします。それにしても、紙芝居に出てくる芸人の絵は結構好きです。最後にアクセルホッパーが出てくることはだいたい予想できましたが、紙をめくったら絵の方が気になってしまいました。

 アクセルホッパーと小梅太夫の人気の理由はやっぱりあの動きとBGMなのでしょうか。小梅太夫はそれほど大きな動きをするわけでもないのに、ネタに合うような動きを表現しているのはすごいと思います。ZOXYDOLLも同じ路線を進んでるのでしょうが、動きのパターンをどう増やしていくのかが気になります。ただ、穏やかな状態のときもかわいくない(!)ことのほうが気になります。

 先週出てきたクールポコはもう一度見たいと思うのですが、また出てきませんかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく1000ヒット、そしてブログ名を変更

 今年の2月に始めたこのブログも、最近はアクセスが増えてきました。――とはいっても、アクセス数は1日に15~25件、多いときでは30件を超えるくらいです。それでも1か月くらい前は1日のアクセスが1桁だったり十数件ということが多かったので、だいぶ進歩したのでしょう。

 そんなこんなで、きのう1000ヒットを達成したようです。1000ヒットついでにブログ名を変更してみました。「ココが気になる! 観察者の日記帳」です。以前に書いた記事を見てみるとこういうテーマで記事を書いている気がしたためです。

 最近のアクセス増加は「なんでだなんでだろ~♪」と思っていたのですが、つい先ほど理由が分かりました。

 「『観察者』でGoogle検索してトップに表示されたらいいなあ」

 そんなことを思いながら検索してみたところ、「観察者の日記帳」は30件中、真ん中あたりに表示されていました。きっとこれでアクセスが増えたのでしょう。

 ただ、アクセスが増えたとか1000ヒットしたとはいっても、ブログの管理者ページにあるアクセスカウンターは、訪問した人数ではなく「ブログ内のどこかページを表示した回数」のようです。

 しかも、自分でアクセスした場合でもカウントされます。トップページを表示して個々の記事のページを表示させただけでも2カウント増えるので、自分でいくつかの記事を見ているうちにアクセス数がだいぶ増えてしまいます。管理者用のページにある1時間ごとのアクセス数を表示すると「この時間のアクセスは自分で表示したやつだな……」と気になります。そのため、私は必要最小限の表示確認程度しかこのブログを開きません。

 もっとも、こんなことを気にしているようなアクセス数ではまだまだなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バックアップをとろう

なくして困るデータ、バックアップをとらないユーザーは約半数--シマンテック
http://japan.cnet.com/news/sec/story/0,2000056024,20135587,00.htm

 シマンテックは、「パソコン利用時におけるストレスに関するユーザー実態調査」の調査結果を発表した。この調査は、インターネット利用歴3年以上のインターネットユーザー年代別男女1100名を対象に、4月初旬に実施したもの。

(略)

 なくしたら困るデータについては、「住所録などの連絡表」(60.2%)、「デジカメなどの写真画像」(50.1%)との回答が多かった。しかし、バックアップを実施している割合はそれぞれ57.6%、59.9%であった。また、回答者の半数近くがデータのバックアップをしておらず、その理由は「面倒だから」という回答が45.8%と最も多く、「やり方がわからない」と答えたのが31.9%だった。

(略)

 なくすと困るデータなのにバックアップをとらないというのは変な話です。「面倒だから」と回答した人が半数近くいるようですが、簡便なやり方を知らないか、別の理由が絡んできているのではないかと思います。

 CDやDVDにバックアップするのであれば確かに面倒でしょうが、データのバックアップのために容量の大きいハードディスクを買えば、そこに必要なファイルをコピーすればすみます。いまでは250GBの外付けハードディスクも14000円あれば買えるのです。それをケチるようでは、「なくしたら困る」データも14000円の価値はないということです。「ビデオを大量に保存するから250GBでは足りない」という人は、もう一度見ることがあるのかよく判断するのが良いかと思います。ファイルの一覧で大量に表示される動画のうち、本当に見るのはどれだけあるでしょう。それどころか、フォルダの存在すら忘れていたりはしないでしょうか。

 さて、必要なファイルをコピーするのは面倒なことなのでしょうか。最初に設定が必要になるでしょうが、便利なソフトを使っていればボタン1つ押してテレビドラマでも見ている間にバックアップはすんでしまうのです。

 私がバックアップ用に使っているのはDSyncです。フォルダの同期をとるソフトだと説明されていますが、バックアップの際にやるのは「2つのフォルダの中身を同じにする」ことです。複数のフォルダを一度に同期できるので、本当にボタン1つでバックアップできます。

 インストールしたら「基本フォルダ」「対象フォルダ」を設定し、「完全同期モード」「サブフォルダ検索」「同じファイルは表示しない」「空フォルダ検索」のボタンを押してへこんだ状態にします(下の画像の通り)。あとは「>>=」のボタンを押すだけです。

Image2_8

 このソフトは、2つのフォルダで日付が同じファイル、つまり以前にバックアップしたファイルはそのままにし、変更のあったファイルだけをコピーします。そのためあまり時間はかかりません。

 「バックアップのやり方が分からない」という人でバックアップの必要性を感じているなら、身近にいるパソコンに詳しい人に聞いた方が良いかもしれません。必要性を感じていない人や感じていても何もしない人は、遅かれ早かれ、ファイルが開けなくなって困ることになるでしょう。

DSync
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se132604.html

I-O DATA HDC-U250 (USB 2.0/1.1対応 外付型ハードディスク 250GB) I-O DATA HDC-U250 (USB 2.0/1.1対応 外付型ハードディスク 250GB)

販売元:アイ・オー・データ
発売日:2005/06/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

説明書をちゃんと読もう

 使い方の分からないものを使うときは一体どうするのでしょうか。浴室においてあるシャンプーを見てそんなことを考えました。

 シャンプーの説明書を読んでみると、「ノズルを回して数回押してください」と中身の出し方は説明があるものの、シャンプー自体の説明がかかわれいないものがあります。また、適量を使うように書いてあってもどの程度が適量なのか書かれていないものもあります。いまではシャンプーの使い方を知らない人などほぼいないでしょうが、シャンプーがあまり普及していなかったころはどうしていたのか少し気になりました。

 そんなことを考えていると、使い方が最後まで理解されなかった商品の話をテレビか何かで取り上げられたことを思い出しました。1分でゆであがるカップめんのことです。昔はカップめんといえばお湯を入れてから3分でできあがるものばかりだったので、待つのが1分だけですむのは長所になるはずでした。しかし実際には3分待ってしまった人が多数いたようです。3分待つことが既成事実になっていたためです。たぶん説明が書いてあったのでしょうが、それをちゃんと読まずに大体の感覚で使っている人が多かったのでしょう。

 このような思いこみの使い方でも大抵はうまくいきますが、うまくいかない人が多いのがパソコンや携帯電話なのかなと思ってみたりします。たぶんそれだけが原因ではないと思いますが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

10年前と現在と10年後

 大学の研究室に配属されてからというもの、小さい頃に考えもしなかったことをいくつもやっているような気がします。7月中旬に学会発表のため外国に行くことになったのです。きのうはそのためにパスポートを受け取ってきました。

 研究した内容は英語で発表します。中学校のころは英語なんて授業の科目の1つだという程度の認識しかしていませんでしたが、いまでは英語で原稿を書いたりしているのですからずいぶん進歩したものです。もっとも、文法がおかしい部分をいろいろと赤入れされたりはしますが。

 英語だけではありません。学会発表なんて一部のやたら頭のいい人たちがやるものかと思っていました。研究内容は大したことではないにしても、進学していくうちにいつの間にか自分が発表するようになっていました。

 ただ、実際に発表して分かったのですが、発表すること自体は難しくないようです。原稿をインターネットで投稿したり発表の申し込みをしてから2、3か月後に発表することになるのですが、原稿をしっかり審査するところもあれば、ほとんど(完全に?)審査しないところもあるのです。つまり、発表したければ大抵はできるのです。

 そんなこんなの事情はありますが、小中学校が2階建ての辺境の地で育った割にはだいぶ上がってきた気がします。この勢いで行けばひょっとすると10年後くらいには日本を揺るがすくらいの頭脳を持つ研究者になってる……わけないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いただきストリートのインサイダー取引

 ここのところ、世間では村上ファンドがインサイダー取引を行ったと疑われているようですが、私はインサイダーというと別のものを思い出してしまいます。「いただきストリート」です。

 いただきストリート(略していたスト)はすごろくと商売をあわせたようなゲームです。

 すごろくのマスがお店になっていて、サイコロを振ってどこかのお店に止まります。止まった店が他のプレーヤーの店であればお金(正確には買い物料)を払い、所有者のいない店であればその店を買うことが出来ます。このあたりのルールはボードゲームのモノポリーとだいたい同じです。

 いたストでは株の要素もあります。お店4件くらいが1つのエリアとしてまとまっていて、エリア単位で株を買います。お店に増資することで株価が上がったり、誰かが買い物料を払うと配当がもらえたりします。

 自分がお店を数件持っているエリアの株を大量に買い、そのエリアのお店に高額の増資することで自分が持っている株価を高騰させることができます。これがいたストにおけるインサイダー増資です。

 インサイダー取引というより自社株購入権で儲けている気がするのですが、このいたストのやり方もインサイダー取引になるのでしょうか。このへんはいまいちよくわかっていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンタの神様と桜塚やっくんのCDデビュー

 桜塚やっくんの面白さは指名した人のボケ具合に左右されてるなあと思ったりする今日この頃ですが、エンタの神様をまた見ています。

 やっくんはCDデビューしたそうですね。ヘビメタは全く聞かないのですがこのCDは気になります。

デイリースポーツonline:桜塚やっくん仰天構想「紅白出てぇ」
http://www.daily.co.jp/gossip/2006/06/02/0000042889.shtml

 日本テレビ系「エンタの神様」でブレークしたお笑い芸人、桜塚やっくん(年齢未公表)が7月19日に「ゲキマジムカツク」でCDデビューすることになり1日、都内で公開レコーディングを行った。

 デイリースポーツは仰天しているようですが、桜塚やっくんは以前にエンタの神様でもそんなことを言っていました。そして「甘いよ!」とつっこまれていました。

 さて、どうでもいいですが、昨日の帰りに電車で、女子校生らしき乗客が桜塚やっくんの話をしていました。「顔整ってるね」とか「きれい」とか言っていました。スタジオの客も「かわいー」などと言ったりするのでここまでは何とも思わなかったのですが、会話の断片を聞いていると「あれ、あゆだよね」「違うよ、やっくん」なんて声も聞こえてきました。桜塚やっくんと浜崎あゆみを見間違える人がいたのでしょうか。いや、さすがに聞き間違いだと思いますが。

 レギュラーの西川君は中学校のころの知り合いに顔が似ているような気がします。これもどうでもいいですが。ところで、よくあることはネタとしても豊富なのでしょうが、逆によくネタにされます。雰囲気は違うものの摩邪コングもこの類だと思います。よくネタにされるのにそれでもネタが尽きないのはさすがです。私などはブログのネタを探すのにも苦労するくらいのでうらやましいです。笑いのネタはともかく、話のネタくらいは見つけられるようにしたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車の清掃とドアの開閉

 きょうは東京まで就職活動に行ってきました。内定はあるのですが、いまだに納得できていないのです。

 ところで、上野までやってきて折り返して発進する電車に乗ることになったのですが、「清掃中は電車に乗れない」ということを初めて聞きました。それでも隣の車両辺りで乗り込んだ人はいましたが、すぐ降りてきました。掃除している最中はドアを閉め客が入ってこないようにしているようです。

 なるほど、昼間でも人の多い都心では人が乗っていると掃除ができないわけですか。だからといって何ということもないのですが、「へー」と思いました。ちなみに私が普段使っている辺りでは清掃員が大きなごみ箱を引きずりながら人をよけて掃除していきます。昼間はそのくらい人がいません。

 人がいないので電車の本数も少ないです。本数が少ないので、始発駅、終着駅に電車が止まっている時間は長いです。停車時間が長いので、冬はドアを開けっ放しにしてしまうと寒くなります。そこで、長く停車しているときは乗客がドアを開閉できるようになっています。ボタンでの開閉は都心でも同じかもしれませんが、私が住んでいる辺りでは完全に手動でドアを開け閉めするような車両まであります。電車のドアをふすまのように手でこじ開けます。これをみて「すごい」なんて言っている人もいました。そのときは何がすごいのか分かりませんでしたが。ボタンにしろ手動のドアにしろ、ときどき閉めていかない人がいるので寒くて困ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »