« 悪天候ご来店サービス | トップページ | 足をつかずに自転車を止める »

花火は爆発だ

 2年前、花火をした直後にけっこう危ない目に遭いました。

 それは6人くらいで河原に花火に行ったときのことです。途中のホームセンターで花火を買って川へ向かい、周りに草などがない場所でバケツに水をくんできて花火をやっていました。

 そのときのゴミ処理で問題が起きたといったところです。

 手に持つタイプの花火は使ってしまえば棒しか残らないので、あとは水の入ったバケツに入れておくだけです。しかし、地面に置いて導火線に火をつけ、打ち上げたり噴出したりするタイプの花火は、使い終わると箱が残ります。これがかさばるので、その箱をいったん袋の中に入れておき、すべて花火を使い切ってからまとめて燃やすことになったのです。

 花火の箱を燃やすときに燃えかすが広がらないよう、周りから石を集めてきて輪を作り、その中に箱を入れます。そして、誰かが用意していた新聞紙に着火し、その火を使って箱を燃やします。

 初めのうちは普通に燃えていて、全員で火を囲むような形で和んでいました。しかし、しばらくしてからガス漏れのような音が聞こえたかと思うと

 ボン

と何か爆発したような音がして全員が一歩下がります。「一体何が起きたんだろう」と不思議そうにする一同……。

 そこで私が「誰か虫除けスプレー持ってます?」と聞いてみたところ、誰も持っていない様子です。燃えている最中に何かしようというのも危なそうなので、すべて燃え尽き、水をかけたあとに燃えかすを掘り返してみたところ、やはり虫除けのスプレー缶が発掘されました。

 缶が破裂したり日が飛び散ったりということはなく、単にガスで燃え上がったというだけだったのでけが人はいなかったのが幸いです。

|

« 悪天候ご来店サービス | トップページ | 足をつかずに自転車を止める »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43621/3003813

この記事へのトラックバック一覧です: 花火は爆発だ:

« 悪天候ご来店サービス | トップページ | 足をつかずに自転車を止める »