« 花火は爆発だ | トップページ | ポカリ汗 »

足をつかずに自転車を止める

 自転車を運転していると、完全に停止しているのにバランスを保っていられることがたまにあります。ただ、それは1秒程度しか持ちません。しかし、毎日自転車で自転車で30分の距離を通学しているので、通学のついでにバランス感覚を鍛えるようにすれば、何分間でもバランスを保てるのではないかという発想が生まれました。

 そこで、足を着いたり何かに寄りかかったりせずに最後まで運転しようという試みを8日から始めました。8日の朝は途中で携帯電話を落としてしまったために失敗、8日の帰りはすこし油断した拍子に足をついてしまいました。

 それでも足をついたのは1回ずつであり、自転車で25分、信号15個くらいの道のりの最初から最後まで足をつかずに運転するのはそれほど難しくないことが分かりました。前方にある信号を見て、赤になりそうだったらゆっくり走ればいいのです。そうすれば、交差点のそばに来るころにはたいてい青になっています。1つの交差点で2か所の横断歩道を渡る必要のあるところは難しそうだと予想していたのですが、1個目の横断歩道で青信号が点滅しているときに渡れば、2個目の横断歩道もあっさりと渡ることができます。

 この方法は最初から使っていて、9日の帰りには足をつかずに運転することが成功しました。ただ、遠くにある次の信号が青でも、渡るころには赤になってしまいそうな場合はスピードを落としていたので、移動するのに時間がかかってしまいました。

 そこで、きのうからは、いままで通りの速度で運転をしました。それでも、赤信号になったときの自分の位置から交差点まではけっこうな距離があるので、ゆっくり走れる区間には余裕のある場合が多いです。しかも、余裕がなかったとしても、交差点付近で歩道や駐車場をぐるぐるまわったりすることで簡単に信号待ちをやりすごすことができます。そのため、きのうは行きも帰りも成功しました。ただ、バランス感覚を鍛えることには役に立ってないかも知れません。

 出発してから目的地まで足を1回もつかずに運転しようとすると、かなり遠くの信号を見て速度を調整することもあります。そのため、バランス感覚ではなく目が良くなるかもしれません。

|

« 花火は爆発だ | トップページ | ポカリ汗 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

僕も昔やりました。一直線の道路って、結構青信号のタイミングが同じだったりしますよね?なので、意外とイケますね。

ただ、最近バス通学なんです。バスの中で足を着かないのは至極難しくて(笑)。つり革でオリンピックの体操みたいなポーズをとれば出来るかも。

投稿: skyline | 2006年8月11日 (金) 21時28分

 場所によるのかも知れませんが、そして覚え違いかも知れませんが、あれは四輪自動車を最高速度で運転したときに青が続くよう調整されているはずです。

 私がふだん移動している所は、普通の速度で帰るとほとんどの信号で赤になります。しかし、全速力で帰るとギリギリで青信号になるところが多いです。行きは信号によりけりです。

投稿: 秋本啓介 | 2006年8月12日 (土) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花火は爆発だ | トップページ | ポカリ汗 »