« 数学的思考法 説明力を鍛えるヒント(講談社) | トップページ | 就職活動をふりかえって »

HPって何?

 テレビゲームのジャンルのひとつであるRPGには、HPという概念が出てくることが多いです。だいたいの傾向としては、HPとは現在の体力を数値で表したものです。

 敵から攻撃を受けるなどで傷を負うとHPが減っていき、HPが0になるとゲームによって死んでしまったり気絶したり戦闘不能になります。そして宿屋に泊まったりして休むとHPは回復します。

 また、ゲームを始めたばかりのHPは、RPGによって数十から数百程度です。しかし、ゲーム終盤になるとだいたいどのRPGでも最初の数十倍になります。敵を倒して経験を積んでいくにつれ、いつの間にか凡人の数十倍もの体力を持っている超人になっているわけです。かなり不思議な現象ですが、ゲームの世界ではこんなことが当たり前に起きています。

 HPは幽霊やゾンビにも設定されています。ドラゴンクエスト5では腐った死体を仲間にすることができますが、腐った死体もHPが0になると死んでしまいます。ただしこれは、腐った死体が死体ではなく、そういう名前の生物だと考えれば不思議なことではありません。

 HPに関して、思いつく範囲内で一番不思議なのは、攻撃したつもりが回復してしまうことがあることです。たとえば体が炎でできている敵に火で攻撃しようとすると、HPは減らず、ゲームによっては逆に増えてしまいます。つまり、炎の体をもつ敵には炎の攻撃が通用しないわけです。これは一見すると合理的ですが、人間に肉をぶつけても回復はしないでしょうから、いまいちピンとこない部分もあります。人間の場合は殴り合いをするとお互いにダメージを受けるはずですが、炎の体をもつ敵同士で殴り合いをするとお互いが回復するのでしょうか。炎の場合は実体がないのでこのような不思議な現象がおこるかもしれませんが、実態があるはずの氷の体を持つ敵でも、氷の攻撃をすると回復します。氷に氷をぶつけたら多少なりとも壊れるはずだと思うのですがどうでしょう。ただ、ぶつけるのではなく凍らせる攻撃なら回復するかもしれません。

 完全に何の傷も負っていないときのHPを最大HPといいます。最大HPが500くらいあって現在のHPが1や10程度ならば意識を失う寸前になっているはずです。しかし、そんな状態でもいつもどおり、運動能力が落ちることなくキャラクターは動き回っています。HPが少なくなるとキャラクターが苦しそうなポーズをとるゲームもありますが、あくまでそういうポーズをとるだけでそれ以外は普通に行動できます。HPはきっと、「体力だと説明するのが一番分かりやすい」というだけで、単なる体力ではない別の概念なのでしょう。

|

« 数学的思考法 説明力を鍛えるヒント(講談社) | トップページ | 就職活動をふりかえって »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43621/3675401

この記事へのトラックバック一覧です: HPって何?:

« 数学的思考法 説明力を鍛えるヒント(講談社) | トップページ | 就職活動をふりかえって »