« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

ゲームと現実の区別はつきますか?

 コンピューターは何でもできるなどと言われますし、私も、性能が許す限りコンピューターは何でもできると思います。極端な話、そのうち、人間の知覚をすべて操るようなことも技術的には可能になるかもしれないなんて思います。

 テレビゲームはテレビ画面にしか表示されないので、テレビに映っている世界が現実とは異なる世界であることは簡単に分かります。しかし、視界の一部だけでなく、視界全体にゲーム画面をどうなるでしょう。視覚だけでなく聴覚でも錯覚させることはできるようで、ヘッドホンから流れてくる音が、自分の後ろの方から聞こえてくるように感じる方法もあります。

 もし、こんな感じで人間の知覚をすべて操ることができると、現実とは全く異なる世界にいるよう、完全に錯覚することさえあるかもしれません。ひょっとすると、そのような技術はもう実現されていて、現実だと思っている世界は、実は作られたものだったということもあり得ます。本当は自分は眠っていて、機械で映し出される世界を見ているのかもしれません。それに加えて記憶まで作れるとすれば、架空の世界を見ている人は、自分が架空の世界にいることに気付かないでしょう。そのような証拠など出てこないはずですから。

 これはちょうど、ゲームの世界の主人公は、自分がプレーヤーに操られているなど思っていないのと同じことです。ゲームの登場人物は「100年前に伝説の勇者が世界を救った」なんていうねつ造された歴史をそのまま信じていたりするわけです。

 また、現実の世界にリセットボタンはないとも言われますが、そんなのは分かりません。ゲームのプレーヤーがリセットボタンを押すと、ゲームの世界で進んだ時間やキャラクターの経験値、記憶などが完全に元に戻ります。そのため、ゲームの世界の住人はリセットされたことに全く気付きません。私たちが現実だと思っているこの世界も「誰かにリセットされた」かもしれません。また、リセットされたことの証拠がこの世界に現れることはありません。

 科学は「(必ずしも真実ではなく)科学者に信じられていることに過ぎない」なんてことをどこかで聞いたことがありますが、実際にそうなのでしょう。たとえば「電気」というのは「人間がそういう風に認識している」だけの話です。科学自体も同じように人間の認識に過ぎないと思われます。「この世界は誰かに操られているかどうか」などという認識できないことは(たぶん)扱われません。

 何が現実で何が架空の世界なのかよく分からなくなってきますが、きっと考えるだけ無駄でしょう。仮にこの世界がゲームの世界だったとして、リセットされても電源を切られても私は気付きません。そのため、私から見てプレーヤーができることは意外に少ないです。とりあえず普通に生活していれば良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理不尽なアドバイス

Wordのイルカ「クリップボードツールバーを自動的に表示したくはないようですね。クリップボードツールバーを表示するには、[表示]メニューの[ツールバー]をポイントし、[クリップボード]をクリックします。」「

利用者「お前はケンカを売っているのか。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイルを保存中にエラー発生

エラーメッセージ「ディスクがいっぱいです。空き容量を増やすか、 文書を他のドライブに保存してください。」

利用者「いっぱいあるなら保存すればいいのに。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さい秋とシャンデリア

 急に暖かくなったのでもう春が来たのかと思いつつ、「春が来た」の口笛を吹きながら自転車を運転していました。しかし、そういえば秋には「小春日和」なんてものがあることを思い出し、実は春が来たのではなくて小春日和なのか、「もう春が来た」のではなく「まだ秋だった」のではないかと迷いつつ、今度は「小さい秋」の口笛を吹きながら運転していました。

 ところで「小さい秋」といえば「この歌の出だしは何?」という質問があります。歌いだしは「小さいあーきー小さいあーきー」と答えがちなのですが、正解は「だーれかさんがー」です。

 この類の問題に「シャンデリア」と10回いってくださいというものがあります。「シャンデリア」を10回いわせたあとで「毒りんごを食べたのは誰?」と質問すると「シンデレラ」と答えてしまったり、答えられなかったりします。

 「白雪姫」と正解を答えればいいのですが、他の方法で質問者に対抗できないか考えてみました。

 まず、すぐに思いつくのは「きこり」や「お妃様」などとぜんぜん違う人を出してボケる方法です。「ピザ」と10回いって「ひじ」を答えさせる質問もあるので、それと混同させて「ひざ」という回答をするのもありかも知れません。

 別の方法として考えたものは少し込み入っています。まず「『シャンデリア』と10回いってください」といわれたら、9回だけいっておきます。10回を指折りで数えるときに、一度に指を2本折るところを入れると完璧です。

 そして、質問者が「毒りんごを食べたのは誰?」と質問してくるので、質問者の唇を見ていて何かいいかけたところに「シャンデリア」と最後の1回をいいます。ここで質問者が「質問するを聞いてから答えてくれよ」とか「シャンデリアじゃなくて白雪姫だ」などと言ってきたら「シャンデリアを10回言えと言われたから言ったんだ」と反論すればOKです。もし、なぜ10回目の前に間を空けたのか聞かれたら「間が入っていないのは間抜けだからだ」などと答えておけばいいでしょう。

 ただ、「何を言われても『お味噌汁』と答えてください」などという引っ掛けにはこの方法が通用しないのが残念です。今度はお味噌汁に対抗する作戦を考える必要がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それなりに寒い暖冬

 去年の初冬は暖冬だといわれていた気がしますが、実際にはかなり寒くなりました。今年も暖冬だといわれたかどうか知りませんが、実際にはそれほど寒くありません。今年は、10月の下旬か11月の上旬頃から着ているコートを今になっても着ています。つまり、秋からずっと同じコートです。

 16年から18年くらい前、私が小学校低学年だったころは、今と比べてだいぶ雪が降っていたような記憶があります。通学路で少し坂になっているところが凍りついていて歩くのに苦労したり、学校で雪合戦をしたり、家でかまくらを作ったりした気がします。

 その頃は12月の下旬にもなれば結構雪が降っていたのではないかと思うのですが、今では積雪量がだいぶ減ってしまったように思います。もっとも、記憶が定かではないので何とも分かりませんが。

 ところで、この前の通学中の話ですが、こちらに背を向けて歩いているオバサンを見かけました。単に歩いていたというのではなく、腕を曲げて白い煙を出して歩いていたように見えました。

 「いい年して歩きタバコかい」と思いつつ、その人の横を通るときに横目でちらっと見ると、どうもそうではなかったことが分かりました。後ろから見たとき、そのオバサンが腕を曲げているのはタバコをつまんでいるのかと思っていたのですが、ただ単に寒いから両腕を曲げて少しでも寒さを防いだようです。また、白い煙に見えたのは白い息でした。

 今年もそれなりに寒くなってるんだなあと思う出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文字を打ちたくなるキーボード

 この前買ってきたメカニカルキーボードは、強めにキーを押さないと文字が入力されない非常に打ちにくいものでした。しかも、キーを押したときのカチカチ音も思ったよりうるさいです。そういうわけで、最近は文字を入力するのがおっくうになっていたのですが、きのうはそれをくつがえすできごとがありました。実は、メカニカルキーボードがどうしても打ちにくいので、この前の記事に書いたREALFORCE91というキーボードを通販で購入していたのです。きのうはそれが届きました。

 普通のキーボードはメンブレンという方式であり、キーの内部がちょうどボタンのようになっていて、電極が接すると文字が打てるというものです。一方、きのう届いたRealforceは静電容量方式です。詳しいことはともかく、この方式では、キーがある程度近づくだけで文字が入力できるようです。そのため、普通のキーボードより軽く押しても文字が入力できます。この文章はもちろん新しいキーボードで書いているのですが、文章を打っていて非常に打ちやすいです。さすがに値がはっただけあるなと思います。

 ネットショップの写真では分かりませんが、キーに触れたときの質感や見た目も、普通のキーボードより優れています。うまく説明できないのですが、普通のキーボードの無機質な感じが少なく、味わいがあるような気がします。この前は「理想のキーボード」などと書きましたが、確かに現実離れした良さがあると思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

去年の手袋を発見

 手袋を片方なくしてUNIQLOの手袋を買ってきたことをきのうの記事に書きましたが、そのあとで新事実が発覚しました。きのう買ったものと全く同じUNIQLOの手袋が、大学の研究室にある私の机の引き出しに入っていたのです。しかし、入っていたのは片方だけです。この見つけた手袋は去年買ったものなのですが、そのときも片方だけなくしてしまい、残った方は引き出しの奥の方、邪魔にならないところに入れておいたのでした。

 不幸中の幸いといいますか、きのう紛失したのは左手用で、きょう見つけたのも左手用です。きのう紛失せずに残った右手用の手袋と、きょう見つけた手袋をはめて使えるのです。ただ残念なことに、きのう紛失した手袋はUNIQLOのものではありません。きょう見つけた手袋と見比べるまでもなく、左右が合わない別の手袋です。どうせまたすぐに紛失するだろうとたかをくくって種類の違う手袋をはめるのがいいか、それともきのう買ってきたUNIQLOの手袋を使うのがいいか悩ましいところです。いや、本当は悩まずに両手UNIQLOにしますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手袋は消耗品

 きのうの朝、自転車のかごにバッグを入れて、その上に手袋を載せていたのですが、いつの間にか手袋の片方がなくなっていました。仕方なく、いままで通ってきた道を引き返して手袋を探すことに……。道をよく見て走っていると、遠くの方に手袋が落ちていました。

 見つかって良かったと思いつつ、近づいてその手袋を見ると、明らかに別の人の手袋でした。手袋を紛失するのはどうやら私だけではなかったようです。去年の今頃はどこかのブログに「手袋は消耗品です」なんて書いた気がするのですが、今年もそれを実感しました。

 結局のところ、落とした手袋は見つからずじまいでした。ただ、家が遠いこともあり、私が住んでいる辺りではこの時季に手袋がないと厳しいところです。そのため、帰り道の途中でUNIQLOに寄り、1000円の手袋を買ってきました。これをはめて帰ろうとしたのですが、値札がくっついているビニールの(?)ヒモのせいで左右の手袋が離れません。仕方なく、左右の手袋はくっつけたまま左手にだけUNIQLOの手袋をはめ、右手にはさっき落とした手袋の片割れをはめたまま帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理想のキーボードを発見か

 この前買い換えたメカニカルキーボードは、非常に使いにくくてかなり困っています。以前に書いたとおり、CtrlキーやHome、Endキーが変な位置にあるというのも大きいと思います。しかし、それ以上にキーが押しにくいことがかなりのマイナスです。普通のキーボードに比べて強く押さないとキーが下がりません。そのため、文章を入力していると指がカクカク動くのでかなり不自然になります。

 そういうわけで、インターネットでテンキーなしの使いやすいキーボードを探してみたところ、意外と簡単に見つかりました。東プレ NE0100 REALFORCE91です。ちょうど、普通のキーボードのテンキーだけがなくなったようなキーの配置をしていて、方向キーやHome、Endキー、Ctrlキーなどがちゃんとした位置にあります。しかも、他のページで調べてみると、どうやらキーが非常に押しやすいようです。

 まさに理想のキーボードだと思っていたのですが、値段を見ると17,071円……。一桁違ってるんじゃないかという値段です。もし、このキーボードを買うことになると、いま使っているキーボードやテンキーの値段も合わせて、キーボードの乗り換えだけで3万円程度使うことになります。諦めるしかないのか……。だからといって、いま使っているキーボードをそのまま使う気にはなれませんし、以前に使っていたキーボードをまた使う気にもなれません。ひとまずここはHARD-OFFあたりで使いやすそうなキーボードを探し、見つからないようだったらやむなくこのキーボードを買おうかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »