« それなりに寒い暖冬 | トップページ | ファイルを保存中にエラー発生 »

小さい秋とシャンデリア

 急に暖かくなったのでもう春が来たのかと思いつつ、「春が来た」の口笛を吹きながら自転車を運転していました。しかし、そういえば秋には「小春日和」なんてものがあることを思い出し、実は春が来たのではなくて小春日和なのか、「もう春が来た」のではなく「まだ秋だった」のではないかと迷いつつ、今度は「小さい秋」の口笛を吹きながら運転していました。

 ところで「小さい秋」といえば「この歌の出だしは何?」という質問があります。歌いだしは「小さいあーきー小さいあーきー」と答えがちなのですが、正解は「だーれかさんがー」です。

 この類の問題に「シャンデリア」と10回いってくださいというものがあります。「シャンデリア」を10回いわせたあとで「毒りんごを食べたのは誰?」と質問すると「シンデレラ」と答えてしまったり、答えられなかったりします。

 「白雪姫」と正解を答えればいいのですが、他の方法で質問者に対抗できないか考えてみました。

 まず、すぐに思いつくのは「きこり」や「お妃様」などとぜんぜん違う人を出してボケる方法です。「ピザ」と10回いって「ひじ」を答えさせる質問もあるので、それと混同させて「ひざ」という回答をするのもありかも知れません。

 別の方法として考えたものは少し込み入っています。まず「『シャンデリア』と10回いってください」といわれたら、9回だけいっておきます。10回を指折りで数えるときに、一度に指を2本折るところを入れると完璧です。

 そして、質問者が「毒りんごを食べたのは誰?」と質問してくるので、質問者の唇を見ていて何かいいかけたところに「シャンデリア」と最後の1回をいいます。ここで質問者が「質問するを聞いてから答えてくれよ」とか「シャンデリアじゃなくて白雪姫だ」などと言ってきたら「シャンデリアを10回言えと言われたから言ったんだ」と反論すればOKです。もし、なぜ10回目の前に間を空けたのか聞かれたら「間が入っていないのは間抜けだからだ」などと答えておけばいいでしょう。

 ただ、「何を言われても『お味噌汁』と答えてください」などという引っ掛けにはこの方法が通用しないのが残念です。今度はお味噌汁に対抗する作戦を考える必要がありそうです。

|

« それなりに寒い暖冬 | トップページ | ファイルを保存中にエラー発生 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43621/4697286

この記事へのトラックバック一覧です: 小さい秋とシャンデリア:

« それなりに寒い暖冬 | トップページ | ファイルを保存中にエラー発生 »