« Windows Vista発売! | トップページ | ブログで表現力は鍛えられるのか »

薄型バインダー式手帳

 ここ半年くらいの間、アルミ製のシステム手帳を使っていたのですが、買い換えました。

 もともとはプラスチック製の革製のシステム手帳を持っていたのですが、あまり使わなかったためにホコリがついて汚くなってしまいました。記憶が定かではないのですが、ひょっとするとカビだったかも知れません。そして、汚れても簡単に洗い落とせるようにと思ってプラスチック製の手帳を買ってきたのですが、こんどは使っているうちに形がゆがんでしまいました。

 そこで買ってきたのが、数日前まで使っていたアルミ製の手帳でした。アルミ製なのでゆがむことはありませんし、水で洗っても中が腐る心配もありません。そして、触ったときの冷たさが心地よかったのですが、今では大きさがデメリットに感じられます。中身は薄くても手帳自体の厚さが3センチくらいあるのでどうしても気になります。バインダー式なので仕方ないのかも知れませんが、どうも釈然としません。しかも、触ったときに冷たさは、買ったころは心地よかったのですが、この季節になると冷たいことが欠点になります。

 今年のスケジュールを書き込むためのページを買おうと思ったときは、バインダー式でない薄い手帳にしようかと思ったこともりあました。ですが、バインダー式でないと、メモ欄のページ数をあとで増やすことができません。メモ欄を使っていて埋まってしまったときのことを考えると、心理的になかなか使いにくい所があり、単なるメモ帳を別に用意したりします。そうなると薄さの利点は小さくなり、2札を持ち歩く欠点が大きくなってきます。

 そんなこんなを考えていると、バインダー式のシステム手帳で厚さが1センチ程度の商品を近所のスーパーで見つけました。革製だったのが気になるところですが、これは良いと思い買ってきたのが、今使っている手帳です。かなり薄いので、1ページ当たり1週間しか書けないようなカレンダーを買ってくると、メモを書くための用紙がつけられなくなるかもしれません。また、ページをつけるための金具を開け閉めするのが少しやりにくい感じはします。それでも、ポケットに入ることはかなりの利点になります。

 ただ、先日、内定者集会に行ったときに、会社が用意した手帳をもらってきました。新しいバインダー式のシステム手帳を買ってから1週間以内もたっていないのに。

|

« Windows Vista発売! | トップページ | ブログで表現力は鍛えられるのか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43621/5164414

この記事へのトラックバック一覧です: 薄型バインダー式手帳:

« Windows Vista発売! | トップページ | ブログで表現力は鍛えられるのか »