« ブログを書くんだ、ジャンヌ! | トップページ | 参考文献はどこで引用すべきか »

パソコンを使い始めたきっかけ

 今から13年くらい前のことでしょうか。パソコンを初めて使ったのは小学校の頃の授業です。そのときのOSは何だったのか分かりませんが、大ヒットしたWindows 95の前身、Windows 3.xか、のちにMac OSと呼ばれるようになる漢字Talkあたりだと思います。

 その授業で、キッドピクスという子ども向けのお絵かきソフトで絵を描いたことを覚えています。普通のソフトで円を描くときは、操作すると瞬時に円が描かれます。キッドピクスでは、マウスのボタンを押している間にいくつもの円が描かれ、ちょうど、いくつもの泡が発生して大きくなるように見えるエフェクトがあった気がします。

 中学校の頃にもやはり授業でパソコンを使ったことはありました。そのときのパソコンは、NECのPC9821です。今のパソコンでは、アイコンやボタンなど、グラフィックスを多用した分かりやすい操作体系がありますが、中学の授業で使っていたパソコンで起動後に表示されたのは黒地に灰色(白?)の文字だけでした。ここでは、N88 BASICという体系に従って命令を入力することで、円や線を描いたり、プログラムを実行することができるようになっていました。

 現在、パソコンを起動してCDを入れてワープロのソフトをインストールすると、それ以降はCDがなくともワープロを使えます。また、今のワープロで文字を大きくすると、画面上の文字が大きく表示されます。しかし中学校のパソコンはこの2つのどちらも違っていました。

 まず、ワープロソフトである一太郎を使うには、一太郎の入っているフロッピーディスクをパソコンに挿してからパソコンを起動します。CDの400分の1の容量もないフロッピーディスクにソフトウェアのすべてが入っていたわけです。そして、一太郎で文字を大きくする方法はあったのですが、文字を大きくする操作をしても、画面上では大きくなりません。画面上では普通の文字の隣に「大」と書いてあるだけでした。印刷したときに初めてちゃんとした文章の体裁が分かるようになっていました。

 ちなみに、中学校の頃からプレイステーションはあったと思うのですが、私はあるゲーム雑誌で、プレイステーションのゲームがC言語というプログラミング言語に従って書かれていることを知ります。そして、入門者向けのC言語の本やパソコンの仕組みについて説明されている本を買ってきて、家にパソコンもないのにプログラミングの勉強をしていました。

|

« ブログを書くんだ、ジャンヌ! | トップページ | 参考文献はどこで引用すべきか »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43621/5323230

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンを使い始めたきっかけ:

« ブログを書くんだ、ジャンヌ! | トップページ | 参考文献はどこで引用すべきか »