« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

四角いトイレットペーパー

 店で出回っているトイレットペーパーは芯に巻かれているロール状のものばかりですが、7、8年前まではティッシュのように四角く切れているトイレットペーパーを使っていた記憶があります。

 Googleの画像検索をしてみれば四角いトイレットペーパーが出てくるかなと思っていたのですが、出できませんでした。どなたか、四角いトイレットペーパーを見たこと、使ったことがある人はいませんか?

 それとも完全に何かの覚え違いなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わが置き時計

 朝目覚めたときに、布団に入りながらも時間を確認したい……。そこで、この時計を買ってきました。

DQD-240J-8JF(シルバー)
http://www.sofmap.com/product_detail/exec/_/sku=10729373/-/gid=WA04030000

 私にとって、デジタルの24時間表示は非常に重要な機能です。

 まず、アナログ時計は時刻を正確に表しません。

 たとえば、文章にしてみれば10時59分はどう見ても10時であり、11時には到底見えません。10時とは10時0分から59分までの1時間なのです。これは、12月1日~12月31日までの31日間が12月であることと同じことです。

 しかしアナログ時計の場合は10時59分と11時0分がなかなか見分けられません。アナログ時計は、「10時=10時0分」「10時59分=10時から59分が過ぎた時刻」という風に見えるので駄目なのです。1分や1秒の違いが見分けられないこと自体も減点材料です。

 24時間表示も重要です。午前と午後を分ける表示では、午後12時の次が午後1時と表示されるものがあります。これは非常に不自然です。

 数字だけ見れば11時から1時間経過すると12時となり、自然な変化です。しかし、時計によっては、午前11時の次が午後12時、その次が午後1時と表示されます。最初が12時で、次が1時、11時から12時になるときに午前と午後が切り替わるように設計されているわけです。1-1=0ではなく、1-1=12なのです。数を数えることができないのか、いまだに0を発見していないのかと疑ってしまいます。

 12時ではなく0時と表示すれば、午前0時から始まり、午後11時の次は数字がリセットされると共に午前から午後へ切り替わるので、実に自然になります。

 話がそれましたが、24時間表示が可能な時計はあまり多くありません。24時間表示に対応していても見た目がいまいちだったりするので、上に挙げた時計を買えたことには満足しています。

 しかし実際に使ってみると、朝目覚めたときに真っ暗で何も見えません。時計上部のボタンを押すとライトがつくのですが、押さなくても見えるようにして欲しいと思ったのです。

 ……というわけで、もう1つの置き時計を買ってきてしまいました。買ってきたのはこの時計です。

GENTOS TA-341 [LED4ウィンドウズクロック]
http://www.yodobashi.com/enjoy/more/i/72031065.html

 24時間表示に対応せず、しかも0の発見をしていない愚かな時計なのですが、見た目が気に入ったので買うことにしました。アナログ時計でないのはせめてもの救いです。

 時刻や日付などが表示されている4色の部分は、電源ケーブルを挿してライトのスイッチをONにしていれば、ずっとライトが点灯しています。

 それなら朝起きたときの暗い部屋でもすぐに時刻を確認できるだろうと考えていました。……が、ずっと点灯させていると夜の就寝時にまぶしいことが判明しました。結局、最初に書いた時計を使うことに……。24時間表示ができない時計を買ってきたのが馬鹿だったのかもしれないと反省しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水難2?

 きのうからずっと、水の垂れる音がしています。夜中の寝るときもピチャピチャと音が鳴っているので気になってしょうがないです。

 音の出ている場所を探してみたところ、トイレのタンクに水が垂れていること原因だとわかりました。タンクの中に水は十分にあるようなのですが、なぜか水が垂れ続けています。

 適当に金属の接合部分を動かしてみたら水が止まったのですが、少し時間をおくとまた水が垂れるようになります。

 どうやらこれは修理を依頼するしかなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K.Y.

 金八を見ていてCKYなんて単語が出てきました。「超空気読めない」の略だとか。

 どうもこの類の略語は気に入らないのです。K.Y.は「空気読めない」の略といわれますが、「空気読める」とか「空気読めてる」を略してもK.Y.じゃないですか。むしろ、どちらかというと肯定形を取る方が自然です。

 他の略語で、何らかの否定を意味する単語だったら、否定の部分はちゃんと残っています。例えばNPO(非営利組織)のNはNonであり、否定を表しています。NGO(非政府組織)も同じです。

 したがって、「空気読めない」を略すのであればK.Y.ではなくK.Y.N.にすべきではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水難の行く末

 さっそく水道料金のお知らせが来ました。

 それをよく見てみると…… どういうわけか前回と請求金額が全く変わっていません。1円の違いもなくぴったり同じ額でした。2日の記事に書いたように、水を出しっぱなしにして眠ってしまったのに。

 ひょっとすると次回に請求されるのかと思い、検診日をよく見たのですが、今日の日付になっています。あるいは、水を出しっぱなしにしたのは夢だったのか、それとも、単に流した量がそれほど大きくなかったのか、謎は深まるばかりだ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水難?

 やってしまいました。夜中に目を覚まし、トイレへ行って手を洗ったのですが、水を止めずに眠ってしまいました。水を流していたのは約5時間です。数か月前の水道料金の請求書に書かれているメーターの値と、現在の水道のメーターを比べてみると、大きな違いはないように見えます。それでも、水道料金が5桁になったりしないかと心配です。

 ところで、去年の米を使い切ったので新米を炊こうとしたのですが、なぜか米の計量カップがありませんでした。米を入れておく袋に計量カップを入れるようにしていたので、恐らく袋ごとカップを捨ててしまったのでしょう。

 ……と、ここまで書いておいて話をまとめようがない気がしてきたので次回までさようなら~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »