« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

無洗米

 きょう、生まれて初めて無洗米を使ってみました。

 間違えて洗いました……。いつものクセで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜアニメではロボットに乗り込むのか

 ガンダムやヱヴァンゲリオンなどのロボットモノのアニメがいまいち好きではありません。……というのも、そもそも何のためにロボットに乗り込むのか、遠隔操作すればいいだろうと思っていました。

 今日、歩きながらそんなことを考えていたのですが、答えが見つかりました。乗り込んだ方が操作しやすいのだろうということです。着ぐるみを着た人と、リモコンで操作するぬいぐるみとでは、着ぐるみを着た人の方が表現力豊かな動きが可能だと思われます。ロボットに乗り込むのもそのようなモノなのだろうと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クイズ・マジックアカデミー(QMA)

 同期に触発されて去年の11月頃にゲームセンターのクイズゲームを始めました。それまではゲームセンターに行くこと自体がなかったのですが、今日と昨日だけで17時間くらいそのゲームをやっています。

 ゲームの名前は「クイズ・マジックアカデミー」で、このゲームはオンラインでクイズの全国対戦をするというものです。「全国オンライントーナメント」モードがメインで、ここでは毎回16人ずつランダムにプレーヤーが選ばれ、その中で順位を競います。

 オンラインゲームは、ゲームばかりやっている人が猛威を振るっていて、大抵の人はついて行けなくなるのではないか……という思い込みがありました。実際にそのようなゲームもあるのでしょうが、このゲームの場合は土日だけに参加するような人でも十分楽しめる仕組みになっています。

 最初にゲームをやるときにはゲームセンターからカードを買うのですが、そのカードにユーザーIDのようなものが記録されていて、過去の成績などが引き出せるようになっています。また、成績によって組分けされているので、初心者は初心者同士で対戦できるようになっているわけです。ちなみに、カードが無くても遊ぶことはできるようなのですが、カード無しでやったことはないです。

 このゲームは(ほかのクイズもそうかも知れませんが)、答えを知らない問題でも意外と正解できるのが面白いところです。

 たとえば、きょうは次のような問題がありました。問題の文面は正確ではないのですが

「『歓喜』という意味のポルトガル語が語源になっているJリーグのチームはどれか」

という感じの4択の問題です。もちろんそんなものは知りません。しかし選択肢をよく見てみると、4択のうち3つは英語っぽい発音のチーム名で、「ジュビロ磐田」だけ音感が違います。実際、「ジュビロ磐田」を選ぶと正解でした。

 そのほか、単語を並び替えるだけの問題なら、単語っぽく並べるだけでまぐれ当たりすることも多いです。……というより、全体的にまぐれ当たりの方が多く、正解してから真実を知るようなことが多々あります。

 まだまだこのゲームをプレーする予定なので、今後もこのブログに続きの記事を書いていくと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯4代目

 このまえ機種変更をしたのが去年の6月ですが、きのう5月5日にまた機種変をしました。今回買ったのがW61Kです。最初に使った携帯はA5301T、次以降、A5511T、W53T、それで今回が4代目のW61Kです。

・初代 A5301T
2003/05/13頃に購入、ムービー撮影可、SDメモリーカード対応

・2代目 A5511T
2005/09下旬頃に購入、テレビ(アナログ地上波)視聴可、mini SD対応

・3代目 W53T
2007/06/13頃に購入、テレビ(ワンセグ)視聴可、micro SD対応

・4代目 W61K
2008/05/05に購入、コンパクトモデル、micro SD対応

 A5301Tを買った2003年5月以前には、携帯電話を持っていませんでした。

 2代目の携帯電話機もいまだに持っているのですが、コンパクトな4代目と比較すると、厚さの比が2:3くらいある上に中央が盛り上がっているので2代目は「かまぼこ」みたいに見えます。

No4no2phone
W61K(左)とA5511T(右)

 いままでずっと東芝の機種を使っていたところから京セラに変えたのですが、東芝の機種との違いはそれほど大きくありません。電波OFFモードやら機能設定画面など、見慣れた機能がいくつもあります。ただ、(予測変換ではない)通常変換のボタンが今まで左上にあったのにW61Kでは右上に来ているのが不便です。

 ところで、販売奨励金のない料金体系を作れと総務省が騒いだせいで、auの料金体系が変わりました。ほぼ今まで通りの金額で携帯電話を機種変できる「フルサポートコース」と、端末の購入価格が高くなる代わりに毎月の通信料・通話料が安い「シンプルコース」の2通りがあります。

 「フルサポートコース」もくせもので、安くなったわけでもないのに、その機種を2年間使い続ける契約をしなければなりません。だからといって「シンプルコース」にすればいいわけでもなく、こちらはKDDIが推奨していないためなのか、どうやら安くないようなのです。

 総務省も余計なマネをしてくれたものだな……。と思っていたのですが、今回の機種変だけは得した感じがあります。いままでの料金では機種変をするときに、現在の機種を購入したのが1年以内なら電話機の料金が高く、2年目なら普通、3年目なら安い……という具合だったのでした。しかし、今回は料金体系が変わったからなのか、機種変から7か月以降は誰でも同じ金額で機種変できるようになっていました。

 それでも、2年間継続しようというのは長すぎる気がします。せめて1.5年とか20か月にしてほしい……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »