« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

病気、いまだ治らず

 以前の記事で、私が色素性痒疹という病気にかかったことを書きました。そして飲み薬のミノマイシンカプセル、タリオン錠と、塗り薬のリドメックスコーワ軟膏を処方してもらい、それをずっと使っています。ここで、タリオンはかゆみ止め、リドメックスは痛み止めで、それぞれ病気を治す薬ではなく一時的に症状を抑える物です。そしてミノマイシンが病気を治すための薬です。

 医者の話では薬を使い始めて2週間で良くなるとのことでした。確かに薬を使い始めてから変化があり、皮膚の赤みや痛みかゆみは消え、荒れていた表面は普通の肌になりました。しかしこれはリドメックスの一時的な効果であり、病気が治ったわけではありません。実際、皮膚の色は茶色く変色したままです。薬をやめればまた悪化するわけです。

 それでも、根気よく続けていれば治るらしいのと、10年間続いた病気なのですぐには治らないだろうと思っていたのとでミノマイシンを使い続けていました。ところが今度は副作用と思われる症状が出てきてしまいました。この前の火曜日から水曜日にかけての夜には、夜中目を覚ますと両手両足のすべてがしびれていたことがありました。それ以降、わずかに吐き気があったり、軽い息苦しさがあったりしています。

 医者の話によれば、これらの症状は確かにミノマイシンの副作用としてあり得るものの、滅多に起きないものらしいです。というわけで、ミノマイシンの服用を1週間やめて様子を見ることになりました。これで吐き気などが消えれば「やっぱり副作用だった」ということになるわけです。

 医者の話とインターネットの情報とで判断すると、ミノマイシンで効果がなかったら今度はレクチゾールという薬を使うようです。この薬はハンセン病や天然痘の患者が使うのと同じもので、副作用が強いらしく、定期的に血液検査が必要になるとか……。私自身はそれほどの重病ではないと思うのですが、どうやら色素性痒疹は発症例が少ないらしいので、ちょうど良い薬が開発されていないのだろうと思っています。

 話を戻しますが、ミノマイシンの服用をやめるので吐き気などは消えると思います。そして、レクチゾールを処方されるのでしょう。レクチゾールの副作用が強いのも気になりますが、レクチゾールが効かなかった場合はどうなるのか不安なところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

操作に迷うGoogleリーダー

 Googleリーダーでフォルダーを追加しようとしたのですが、フォルダーの追加操作はどこをどうすればいいのか1時間くらい迷いました。そこで迷いに迷った道筋を書きます。

 とりあえずログインして画面の左側にあるフォルダーをクリックすると、そのフォルダー内のフィードの記事がすべて表示されます。そして「フォルダの設定」という、それらしいボタンが表示されるのですが、ここにをクリックしても記事の並び順と言語設定の項目のメニューが出るばかりで、フォルダーの追加機能はないようです。

 どうやら、フォルダーをクリックするとそのフォルダー自体の表示や設定になってしまうようです。新しく作ろうとしているフォルダーは、どの既存のフォルダーとも関係がないので、既存のフォルダーに対して何か操作をするのは間違っているのだろうと予想しました。

 ……ということは、どのフォルダーとも関係のない画面を右側に出せば良いのだろうと思い、Googleリーダーのホームを表示させ、フォルダーの追加できそうなメニューを探しました。……しかし見つかりません。

 画面をよく見渡してみると、左下に小さく「登録フィードの管理」と書かれていたのに気づき、これをクリックしてみました。すると、切り替わった後の画面はいかにも色々と設定できそうでした。しかも画面上の方には「フォルダとタグ」という、いかにもフォルダーを追加できそうなタブがあるじゃないですか。

 もちろんこれをクリックしました。しかし「フォルダとタグ」で表示されたのは、既存のフォルダーの名前と、その公開・非公開の状態です。うっすらとゴミ箱のアイコンが書かれているのでフォルダーの削除はできそうですが、なぜか追加はありません。

 もう仕方ないとヘルプのトピック一覧を見ても、フォルダーの追加と関係がありそうなページはありません。惜しいのは、フィードが属するフォルダーを選択したり選択を解除する説明までは載っていることです。

 そして「やっぱりGoogleリーダーのホームをもう一度探してみよう」などと、一度探した場所をもう一度探し始めます。

 あちらこちらを探し回り、求めていた機能は「登録フィードの管理」の先にある「登録フィード」で見つけました。「フォルダーを変更」ボタンを押して出てくるメニューにある「新しいフォルダ」で作成します。フォルダーを作ってそこにフィードを登録するのではなく、フィードを先に登録して、フィードが属するフォルダーを作成するという手順のようです。

 それにしても、なぜ「フォルダとタグ」で作成できるようにしないのでしょうか。「フォルダとタグ」で作成・削除・名前変更ができるようにした方が自然な気がするのですが。

 他にもGoogleカレンダーでさんざん迷ったことがありますが、これはそのうち書きます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ブログがバレた時のために……

 昔の記事を読み直して問題のありそうな記事を修正しておけば、知人にこのブログがバレても平気かな……なんて考えてみました。

 しかし記事の数は、この記事も含めてすでに281件にもなります。ココログの管理画面の使いにくさもあり、一番最初の記事の編集画面にたどり着くのも面倒くさくなっています。

 バレないように気をつけるしかなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浄水器

 日用品の買い物をするためにスーパーに行ったところ目に入ったので、浄水器を買ってきてみました。備長炭が浄水をしてくれるとか何とかです。

Photo
↑買ってきた浄水器

 これで水を飲んでみたところ味は確かに違います。が、それでもまずいことには変わりないなといったところでしょうか。

 粉をお湯に溶かすタイプのレモンティーを飲むことがよくあるのですが、最近はそれを飲むのにも水の味が気になる程の味になっていました。浄水器をつけると、レモンティーを飲むときくらいは水自体の味が気にならない程度になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコンの暖房機能が壊れました

 先週の火曜日(3日)は雪が降るとか降らないとかいう天気でしたが、その日に暖房を使っていたところ、いつの間にか温風が出てこなくなってしまいました。電源を一度消してもう一度つけてみたりしますが状況は変わらず……。

 それからずっと、暖房の全くない毎日をすごしています。火曜日は途中まで暖房がついていたので問題はなかったのですが、水曜日は寒すぎて凍えていました。木曜日には寒さに慣れてしまったというところです。

 金曜日の朝、出社する途中でたまたま、同じ寮に住んでいる同期と会ったので暖房の故障について話してみたところ、会社に申請すれば当日にも直してくれるという耳寄り情報を得ることができました。申請すれば帰った頃には暖房が直っているわけです。

 一方でかなり気になる問題があります。修理するときにメーカーの人が私の部屋に入ってくるわけですが、それより先に私が帰ることはできません。そして、私に部屋の中には靴下とトランクスが干してあるのです。しかも干してある場所が通路と部屋の境目にあるカーテンレールです。そこに、洗濯物をいくつもつり下げられるハンガーを掛けています。メーカーが暖房を修理するには、それをくぐって中に入ってくるしかないのです。

 ……というわけで、金曜日の申請は諦めてしまいました。この土日は寒さに凍えています。昨日放送された堀北真希主演のdocomoの宣伝(ドラマ)のときが一番大変で、やはり夜中はさっさと風呂に入って寝るべきだったと思います。

 こんな寒さも今日で終わり。月曜日に出社したら申請して、暖房を直してもらいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »