« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

人に認めてもらえる中で育った子は、自分を大切にします

批判ばかり受けて育った子は非難ばかりします。
敵意にみちた中で育った子はだれとでも戦います。
ひやかしを受けて育った子ははにかみ屋になります。
ねたみを受けて育った子はいつも悪いことをしているような気持ちになります。
心が寛大な人の中で育った子は、がまん強くなります。
はげましを受けて育った子は、自信を持ちます。
ほめられる中で育った子は、いつも感謝することを知ります。
公明正大な中で育った子は、正義心を持ちます。
思いやりのある中で育った子は、信仰心を持ちます。
人に認めてもらえる中で育った子は、自分を大切にします。
仲間の愛の中で育った子は、世界に愛を見つけます。

 このフレーズは「アメリカインディアンの教え」という本に出てくる一節で、まったくその通りだなと思えることばかりです。

 「親の背中を見て子は育つ」とはいいますが、ネットによく書かれている意見を見ると、それが分かっているとはとても思えないような教育論ばかりなのです。

 処罰感情をむき出しにして厳しく教育しろと言うのでは、人に認めてもらえる中で育った子とはかけ離れています。心が寛大な人の中で育つどころか、心の狭い人の中で育ってしまいます。そして、批判ばかり受けて、敵意に満ちた中で育つことになるではありませんか。

 小学生程度の子どもでも善悪の区別はつくから処罰しても大丈夫だろうと大人の勝手な理屈を言う人が後を絶ちません。裁判沙汰になるほどの事件を起こしたというならまだ分からなくもないですが、それを拡大解釈して日常生活をする上での小さな嘘や失敗にまで同じように教育すべきだと考える人が多いのは看過できないことです。

 善悪の区別がつくなら罰されるようなことはしませんし、区別がつかないとしたら、先ほどのように批判ばかり受けたとか敵意に満ちた中で育ったとか、そういうことが原因なのです。そんなところに、親が厳しく子どもを批判するようなことをすれば、子どもは親を信頼できなくなり、いずれは人を信用できない人間に育ってしまうのです。


Bookアメリカインディアンの教え (扶桑社文庫)


著者:加藤 諦三

販売元:ニッポン放送出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


コネタマ参加中: あなたのTOUCHING WORD(大切な言葉)を教えてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

押切もえの「モデル失格」をなんとなく読んでみた

 押切もえがモデル失格だったら一体誰が合格できるんだろう……。本屋で見かけた本を見て、そんなことを疑問に思っていました。

 実際に読んでみると、ああ、なるほどなと思えます。昔の売れていなかった時代は貧乏をしていて、モデルなのに私服がろくに買えなかったこと、テレビのコメンテーターに呼ばれたのに新聞が読めない状態だったこと、モデルの体格ではなかったことなどが明かされています。

 体重だったらある程度は融通が利くかも知れませんが、身長や年齢が適さないというのはどうしようもないのでは……と思ってしまいます。

 本の帯には逆境が押切もえを作りましたと書かれていますが、読んでいると本当にそれが実感できます。押切もえは強烈なプラス思考の持ち主で、身長や年齢の不適性すら乗り越えています。

 とはいっても、モデル体格ではなかったとか美人顔ではないとか書かれても、この本の文章を読んでいるときは納得しますが、本やらスポーツ紙の記事やらこの本やらの写真を見るとどうもピンとこなくなります。やっぱりモデルって相当レベルの高い世界なんだなと。

モデル失格 ~幸せになるためのアティチュード~ (小学館101新書 24)Bookモデル失格 ~幸せになるためのアティチュード~ (小学館101新書 24)

著者:押切 もえ
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近気になってきたCM

 最近アイツが気になってきた……なんてCMがありますよね。これ、最初に見たときは恋愛の話かな? ……なんて思いました。

 次に見たとき、「ニキビを気にしているんだっけ?」と思いました。

 3回目に見たときは「シワだったかな?」と思いました。

 3回とも違っていて、正解はシミでした。4回目は正しく思い出せると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

XBOX360の実績

 XBOX360ではゲーマーIDというユーザーIDのような物を設定しておきます。このIDで XBOX Live に参加し、他のゲーマーに対してプロフィールを公開することになります。アバターを設定したり、自分がプレーしたゲームが公開されたりします。

 そのプロフィールの項目で特に重要なのが実績です。これはゲームをどれだけやり込んだかを表します。ゲームごとにやり込み要素がいくつか設定されていて、そのやり込み要素には特定の条件が設定されています。その条件を満たしたかどうかがプロフィールに表示されます。ゲーム中、実績に設定されている条件を満たすと「ピコッ」という音が鳴り「実績のロックが解除されました」と画面に表示されます。

 たとえば私はインフィニットアンディスカバリーの「目を大切に」という名前の実績があります。これは、同ゲームを40時間以上プレーしたことを表していて、私がこの実績を得たことは、他のXBOXゲーマーに公開しています。

 下の図はパソコンからXBOX Liveにアクセスしたときに確認できる「目を大切に」の実績です。右の方にある「30G」というのはゲーマースコアといって、実績に設定されている点数です。実績を取得するとこのスコアが加算されていきます。

Eye
「目を大切に」の実績


 そんな感じで、私がXBOX360でプレーしたすべてのゲームは、どの実績を得たのかすべて分かるようになっています。やり込み要素をクリアしたのが他のユーザーにも分かるようになっているのは良いと思うのですが、どのゲームをプレーしたのかすべて他のゲーマーに分かってしまうのが良くないところです。プレーしたことを公開するかしないか選択できれば良いのですが……。

 ちなみに、実績に設定されている条件を満たすことは俗に「実績を解除する」といいます。「実績のロックを解除する」というのが正式な言い方ですし「解除する」という動詞をつけるなら「ロックを解除する」というべきです。しかし「実績」というシステムなので「実績を解除する」という意味の分からない表現が広まっています。なぜマイクロソフトは「実績のロック」なんてややこしい考え方を持ち出したんでしょうか。「実績が得られました」と書けば済むと思うのですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学病院を紹介されました

 3月までの記事で、私が色素性痒疹という病気を発症し、ミノマイシンという薬を飲んでいることや、ミノマイシンの副作用と思われる症状が出たことを書きました。

 しかしミノマイシンの副作用はめったに出るものではないので、本当に副作用かどうか確かめるために1週間ほど薬の服用をやめていました。その後、副作用っぽい症状は改善したので、やはり副作用だったということになります。これ以上ミノマイシンを飲むわけにはいきません。

 この薬でなければ、次に飲むのはレクチゾールという薬です。この薬、ハンセン病や天然痘の患者が飲むのと同じ薬で、副作用が強いので定期的に血液検査が必要になったりします。通っていた診療所では血液検査ができないためなのか、大学病院を紹介されました。

 大学病院を紹介されたので、そんなに病気がひどいのかというと、そうでもありません。この病気はかゆみも痛みもあり、素人目にはアトピーのようにも見えるのですが、本で調べたアトピーの症状よりもだいぶ軽いです。そもそも最初に病気に気づいてから10年間も放置していたのにそれまで平気でしたし……。病院を紹介された理由も、これから服用するかもしれない薬の副作用が重いからとか、正確に診断をくだすためであり、病気がひどいからではなさそうでした。

 さて、大学病院では、あとで治療の程度を確認するために写真を撮られました。そのほか、尿検査やら血液検査やらの検査です。今後の方針として、診断が間違っていないかどうか、正確な診断をするためということで、1週間ほど病気をわざと悪化させて病状のひどいところを検体として切り取ってみるという方針になりました。

 で、結局は病気が違っていました。色素性痒疹ではなく「融合性細網状乳頭腫症」だそうで。色素性痒疹ならネットでもわずかに情報が載っているのですが、融合性…はそれっぽい情報がでてきません。とりあえず、医者の話では皮膚にカビの仲間の最近がいるのだとか……。

 とりあえず今は皮膚の角質化を抑えて皮膚をやわらかくするワセリンを塗っています。正確には「サリチル酸ワセリン5%」という名前のようです。これをしばらく続けるらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TrainShop

 ゴールデンウィークなのとヤボ用があったのとで実家に帰っているのですが、途中で乗った新幹線で、席に用意されていた通販カタログを見ました。

 たいした物はないのだろうと高をくくっていたのですが、よく見てみると結構よさげなものが載っています。厚さ1センチで小銭入れ・カード入れまである財布や、電車の雑音はシャットアウトするのに普通の音は聞こえる耳栓、万年筆型ボイスレコーダーなどアイディア商品っぽいものがあります。

 帰省から戻るときに新幹線を利用する方、ためしにカタログを読んでみるのもいいかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »