« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

謎のフィギュア

 下の画像は、しばらく前にゲームセンターのクレーンゲームで取ったフィギュアなのですが、箱をすぐに捨ててしまったので何のフィギュアなのか分からなくなっています。

 誰か知っている人がいたら教えてください。……といっても、数少ないこのブログの訪問者の中に、知っている人がいるかどうか、かなり怪しいところですが。

Figure

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「シャチハタ不可」の不条理

 印鑑が必要な局面でよく「シャチハタ不可」という注意書きが書かれているのをよく見かけます。

 で、なぜ不可なのか気になるので調べてみましたところ、次のようなことが分かりました。

・何度も使っているうちに印の形が変わってくる
・初期の商品は、インクが消えやすかった

 1個目のことがあるので、印鑑証明には使わないようにしてほしいとのことです。

 シャチハタ不可と書かれているのは多く見かけますが、実際には、印鑑が使用可能な多くの場面で使っても特に問題はないようです。一部の昔の商品だけ問題があったからといって、シャチハタ社は一律禁止というのはいい加減すぎると思います。

 いつの商品から問題がなくなったのか分からないから一律禁止なんだ……という言い訳が聞こえてきそうですが、そもそも印鑑自体、不良品が混じっていないという保証はどこにもないのですから、シャチハタ社のみ禁止というのは公平さを欠きます。

 さらにひどいのが、シャチハタは会社名であって商品名でないということです。商品名は「シャチハタネーム」なので、禁止するにしても「シャチハタネーム不可」と書くべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メイリオがとてもなめらか

 XPを使用していた頃と比べて、Windows 7をインストールしてから劇的に良くなったこととして、フォントが非常になめらかになったことがあります。Windows Vista以降で使用できる「メイリオ」フォントのことです。下の画像は「Meiryo UI」というフォントで文字を表示した画面の一部です。

-----
Meiryoui
-----

 文字がちょっとだけ表示される分にはメイリオでもMS Pゴシックでも大差ないのですが、画面にずらっと表示されるフォントがなめらかなのは、かなりいいです。ちなみに、メイリオ(Meiryo)は「明瞭」が由来だそうで。

 メイリオフォントは、XPでも使用できるのですが、私がXPを使っていた頃はClearTypeを適用せず、フォントをなめらかにする方法として標準を選んでいました。そのため、メイリオは単なるいびつな形のフォントになっていました。ちゃんとClearTypeを適用すればXPでも非常になめらかに表示されるので、試してみるとよいかと思います。

Windows XP 向け ClearType 対応日本語フォント
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=f7d758d2-46ff-4c55-92f2-69ae834ac928&DisplayLang=ja

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日曜劇場 JIN -仁-

 最近、日曜日の21:00からTBSで放送されている「日曜劇場 JIN -仁-」が非常におもしろいです。

 植物状態になっている恋人を持つ脳外科医が、江戸時代にタイムスリップして、当時の病人を治療していくのが、JINのおおよその話です。

 現代ほど医療が発達していれば簡単に治せてしまう病気や怪我でも、江戸時代ではそうはいきません。そこに脳外科医の南方仁がきて、難しい治療を次々にやってのけるのです。

 しかし、タイムスリップしたときに持っていた医療器具が少なく、道具はほとんど江戸時代のものを使います。脳の手術をするのにも、メスなどではなく工具を熱して使うしかありません。

 また、当時の人は手術など知りませんので、工具で治療をすると聞いてかなり不審に思います。なりゆきで、手術をするところを見てもらうことになってしまたのですが、手術で頭に穴を開けるところを見て怒り狂ったりするわけです。

 ですが、仁はいくつもの手術を成功させ、けが人や病人を救い、医師として信頼されていきます。江戸時代の権威ある医者に認められ、ほかの医師に医療を教えるほどになります。

 こうやって、治療を行ったり医師に平成の医療を教えていけば、ゆくゆくは医療の進歩が早まるはずです。そうすれば、植物状態になっている仁の恋人を救うこともできるのではないかと期待して……。

 このドラマ、毎週見ていて、毎週泣かされています。これだけ感動できるドラマは「世界の中心で愛を叫ぶ」以来だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいパソコンを買いました。

 この前まで、なぜか60倍速で時計が進んでいくパソコンに困っていました。しかし、解決方法をみいだしました。60倍速で動作を始めたら、パソコンの電源を切った後で電源ケーブルを抜き、そのまま電源ボタンを押す……。これで、次に起動する気とは正常に戻るようです。

 なぜこれで元に戻るのか分かりませんが、とりあえずOKです。

 しかし別の問題があり、パソコン本体の動作音がうるさいためか、最近、耳鳴りのせいで安眠できないことがときどきあったのです。

 ……というわけで、新しいパソコンを買ってしまいました。EPSONのEndeavor AT971です。ささやき声以下の静けさ(24.5dB)なんだとか……。

Endeavor_at971_sEndeavor_at971_s_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

60倍速パソコン

 いろいろと快適だと思って使っていたWindows 7ですが、インストールから約5日程度で起動しなくなってしまいました。Windowsの起動画面までは表示されるのですが、それから先は画面が真っ黒です。

 仕方なく再インストールしたところ、インストールの最中にも、再起動するとやはり動かなくなってしまうという重傷っぷりです。

 再インストールがうまくいったようでも、その途中の時刻を設定する画面で、どういうわけか、時計が60倍速くらいの速度で進んでいきます。

……本当に何があったのやら。

 画面が真っ黒になるのは、もしかすると、時間が経過したとパソコンが勘違いしてディスプレーの電源を切っていただけではないかと考えています。

 この60倍速パソコン、いろいろとやってみて1度はうまくいったようでも、次の日に仕事から帰ってきたら再び60倍速稼働してみたりします。しかし、数日が経過して今日、動かしてみたら、特に何の問題もなく動いています。本当に意味がわかりません。また60倍速で動くようになったりするのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »