« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

Google風PowerPointテンプレート

 去年、部内の新人が、新人研修で教わったことをPower Pointにまとめて発表するという機会がありました。会社で使うプレゼン資料というのは会社指定のものだったりするので、新人がそれぞれ好きなテーマを選んでいたのを見て、うらやましく思っていました。

 そこで、私もちょっとテーマを作ってみました。ただ、私は去年の新人ではなかったため、このテーマを使う機会がありませんでした。このままお蔵入りにするのも難なので、作ったテーマはこのブログにアップしておきます。誰か使って下さい。使用できる場面はかなり限られていると思いますが、使用したら度肝を抜くのではないでしょうか。

「GoogleTheme.lzh」をダウンロード

Googletheme

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Managed DirectX

 昨日の記事でテトリスを60分程度で作ってしまった人を紹介しました。それで、テトリスは、「テトリス武闘外伝」ゲームがスーパーファミコンで出ていたのを思い出しました。このゲームは対戦型のテトリスで、キャラクターがいたり必殺技があったりで非常に面白かったのですが、それからは何も続編が出ていないのです。

 これを作れたらいいなと思うのですが(実際には作れないと思いますが)とりあえず、ゲームの開発環境について調べてみました。Visual C++ 6.0のころ、DirectXのAPIは非常に複雑で、なにがどういう働きをするのか詳しく書いていないような印象がありました。

 しかし、今では、.NET Framework用のSDKが用意されているとか……。Managed DirectXというそうです。.NET Framework用ということで扱いやすそうだと思うのですが、どうも資料がほとんどないそうです。とりあえず見つけたのはこのくらいです。 複雑な機能を少ない資料で理解するよりはマシだと思うのですが、それでも大変そうだなと思うのが正直な感想です。

Atelier Blue アトリエブル
http://www.atelier-blue.com/program/mdirectx/3d/index.htm

C#でゲームプログラミング
http://www.clks.jp/csg/dx001.html

C#ゲームプログラミング (Game Developer)BookC#ゲームプログラミング (Game Developer)

著者:赤坂 玲音
販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ITmedia記事:日々是遊戯:テトリスは1時間強で作ることができるらしい - ITmedia Gamez

 ものすごいものを見たと思います。ITmediaの記事で紹介されていた動画なのですが、開発ツールなどをダウンロードするところから始まってテトリスを完成させるまでを1時間とちょっとでやってのけた人がいるそうです。

 私がやったら、2日くらいかかるような……? 私はWindows APIのプログラミングはあきらめて.NET Frameworkを使い出したクチなので、てきぱきとAPIを使えるのはうらやましいです。

 このテトリスの作者は、ゲームを改造したくてプログラミングを覚えたらしいです。私はゲームを作りたかったのですが、現在はだいぶ違うことをやっています。……というより、趣味でしかプログラミングをしないので、かなり開発効率は悪いです。こんなにも手際よくプログラミングができたら、どんな に良いかと思います。

リンク: 日々是遊戯:テトリスは1時間強で作ることができるらしい - ITmedia Gamez.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうやって退室すればいいのか情報処理技術者試験

 毎回受験して毎回落ちているのですが、今日もまた情報処理技術者試験を受けてきました。さて、今回気になったのはテストの内容ではなく、試験官の発言です。

 テストの始まる前や始まった直後などに試験官が注意事項を言う場面がいくつかあります。その注意事項の中に、退室に関する事柄があります。情報処理技術者試験には退室可能時間帯がありまして、早めに試験が終わってしまった人はその時間帯に退室することができます。この説明について、試験官はこんなことをいっていました。

「退室するときは手を挙げて、試験官が解答用紙を回収します。退室するまで絶対に席を立たないで下さい。」

 退室しないと席を立てないわけですが、席ごと退室して、退室した後に席を立たなければならないのだろうか……なんて考えて笑ってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オートロックの有無

 1月23日に引っ越してから3か月がたとうとしていますが、それからいろいろ気になることができてきました。

 最近、暖かくなってきて、洗濯物にスズメバチが止まっていたりします。以前は5階に住んでいたためか、ハチを見かけることはありませんでした。今住んでいるのが2階なので、ハチにとっても楽々飛んでこれる高さなのでしょう。あまり低い階に住むのも考え物だなと思いました。

 また、オートロックつきの寮に住んでいた頃は、オートロックのありがたみを知らなかったので、「そんなもん、いないだろう」と考えていました。ところが、オートロックのない新居では、呼び鈴を鳴らす人が妙に多いのです。そして、モニターの向こうには知らない人が立っていたりするわけです。じゃあ即危険か、というとそうではないと思うのですが、引っ越すときは考慮に入れてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

論理思考の習得にはプログラミングが一番

 かれこれ11年半もプログラミングをしていて思うのですが、論理的な考え方を身につけるにはプログラミングが一番です。

 想定していた手順や計算方法が少しでも間違いがあると、期待した動作をしてくれません。どういうデータが入力されてくるのか頭の中で網羅できていないと、あとになってその機能を使うときに異常動作をします。

 論理思考は国語で身につけるという人もいますが、国語の授業では文学作品を読んだりするなど、論理ではなく情緒です。算数・数学でも論理思考は身につきますが、誰かが用意した問題を解くのがこれらの学習であるのに対して、プログラミングは自分で作っていくものです。やはりプログラミングが一番です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来の便利グッズ乞食

 テレビ朝日で放送されていた「もらえるテレビ」、今の「使えるアイデアハウス」では、便利グッズを見て使い方を当てるというクイズをやっています。

 これを見ていて毎回思うのは、便利グッズは用途が限られているものが多く、用途ごとに買いそろえると保管が大変そうだということです。じゃあ、汎用の商品がいいや、となると、結局はよく知られている商品にたどりつきます。

 そういえば、ドラえもんの秘密道具も用途が限られている物が多くあります。どくさいスイッチが必要になる場面なんてほとんどないですね。ドラえもんの秘密道具は未来の便利グッズ、ドラえもん自身は便利グッズ乞食……なのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ITmediaはエイプリールフールネタをやらないのかなあ

 IT戦士のクリスマスなど面白い記事がよく掲載されるITmediaなのに、エイプリールフールのネタは見たことがありません。今や新聞社でもエイプリールフールネタをやっているくらい(東京新聞の特報部)ですし、ITmediaも何か出しても良さそうな気がします。

ITmedia:今年もすごいぞ! エイプリルフールネタ合戦、円谷プロから2ちゃんまで
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1004/01/news028.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »