« A型とよく間違われるO型 | トップページ | メジロやホトトギスは飼育してはいけないらしい »

ルールは少なく正確に!

 ルーキーズで、バントに落ちたボールがファールラインから出て打者がアウトになるシーンがありました。誰にもキャッチされていないのになぜアウトになるのか疑問に思い調べてみると、ツーストライクの状態でバントに失敗するとアウトになるんだとか。一度、線の内側に落ちたのになぜバント失敗なのかというのも疑問ですし、こういう、おおもとのルールとはおよそ関係のない、例外的なルールというのはどうしても気に入りません。

 原則に反することをしたから反則だというのは良いと思うのです。野球で言えば、ベースを踏まずに進んだからアウトとか、そういうルールです。しかし、バント失敗でアウトというような例外的なルールは、原則のできが悪いから作られているものです。まるで「つぎはぎ」です。

 スポーツのルールはあまり知らないのですが、将棋ではこういう例外ルールが多く、しかも複雑です。二歩の禁止は有名なところですし比較的分かりやすいですが、打ち歩詰めは複雑です。歩を打つことで王手を掛け、相手の王が一歩も逃げられない状態にするのは反則というものです。しかし、歩を打って王手を掛けても、王が逃げる余地が一手分でもあれば反則になりません。その後に連続で王手を掛け、王の死が確実であったとしても、です。

 そういうわけで、私は将棋が好きではありません。将棋と違って、オセロはこういう例外的なルールがありません(少なくとも私が知る限りは)。相手の駒を挟んだときの返し忘れは反則ですが、そもそも挟んだらひっくり返すというルールですから、この反則は例外的なルールとはいえないと思います。

 私は、ルールは少ない方が良いと思います。そして、ルールは、違反しているかどうか厳密に判断できるものを設定しておくべきです。ルール違反かどうか、あるいは、採点するのに主観が入り込む余地がある物は良くありません。そして、ルール違反かどうかの判定は、明確にルールに反している場合のみ罰するべきです。ルールを守っているつもりなのに、後から適当なルール解釈が出てきて反則扱いされるというでは、ルールを守る意味がなくなってしまいます。これは、競技だけでなく犯罪にも通じる話だと思います。

|

« A型とよく間違われるO型 | トップページ | メジロやホトトギスは飼育してはいけないらしい »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43621/34518406

この記事へのトラックバック一覧です: ルールは少なく正確に!:

« A型とよく間違われるO型 | トップページ | メジロやホトトギスは飼育してはいけないらしい »