« 現実の世界をスクリプト言語で表す | トップページ | いつになったら古いシェルが新しくなるのか――私がUnixを嫌う理由 »

水道料金の「納入通知書」、この名前はどういう意味か分かりますか?

 水道料金を銀行引き落としで払っていたつもりでいたのですが、実は4か月分くらい滞納していたことがつい先ほど判明しました。

 いままで横浜市水道局(?)から「納入通知書兼領収書」というものが届いていたのは気づいていたのですが、「納入通知書」のことを「納入されたことを通知しますよ」という書類なのかと勘違いしていました。

 今日、たまたまその辺の領収書などを整理していて、コンピニの印が押されている納入通知書(1月分)と、そうでない納入通知書(5月、7月分)があることに気づいたのでした。

 さらに、余計なハガキに混じって、水道料金の支払い催促もありました。これでよく水道を止められないで済んでいたなと。

 「納入通知書」じゃなくて「請求書」と書いてほしかったなと思ったのですが、そんなことを言ってもしょうがないので、急いでコンビニに支払いを済ませてきました。銀行引き落としの書類も書き、封筒に入れておきました。これで解決ですね。

|

« 現実の世界をスクリプト言語で表す | トップページ | いつになったら古いシェルが新しくなるのか――私がUnixを嫌う理由 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43621/36192565

この記事へのトラックバック一覧です: 水道料金の「納入通知書」、この名前はどういう意味か分かりますか?:

« 現実の世界をスクリプト言語で表す | トップページ | いつになったら古いシェルが新しくなるのか――私がUnixを嫌う理由 »