« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

地元で見つけた謎の標識

 横浜に引っ越してからは全く見かけませんが、地元にいた頃は変な標識を2つほど見たことがありました。今回はそれを紹介します。さっそくですが1つ目はこれ。

Photo

 何を伝えようとしているのか分かりません。とりあえず形が丸いことは分かるので、案内標識でもなければ通学路の標識でないことは分かります。しかし、形だけではやっぱり分かりません。

 さらにひどいのがこれです。
Photo_2
 もう棒しかありません。形をたよりに何の標識か推測することすらできません。「建設省」(今の国土交通省)と書いてあるので、古い標識であることだけは分かります。


ブログネタ: あなたの「コネタ」を募集中です。参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「読書の秋」というべきか、「積ん読の秋」と言うべきか

 人によって食欲の秋という人もいるでしょうが、私の場合は間違いなく「読書の秋」です。ただ、問題があります。

 秋になるといろいろと本を読みたくなり、実際に読んでいるのですが、それ以上の勢いで本が欲しくなるのです。今月と先月で4万円分くらいの本を買ったのではないかと思います。

 「読書の秋」というのは正しいですが、積ん読の山ができるのもやはり秋です。今は待ち状態の本が6冊ほどあります。

ブログネタ: 「○○の秋」といえば?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラピストガレット

 最近、ガレットを食べてないなと思い、ちょっと食べたくなってきました。しかし、よく考えてみるとこのあたりでガレットを目にした記憶がありません。

 何となく画像検索してみたところ、その結果がおどろきでした。私がガレットとして食べていたものとはずいぶん違うものばかりなのです。一見すると四角いピザみたいになっているのが非常に目立ち、それ以外にはクッキーに模様がついたようなものばかり。私の知っているがレットは、#の字のような形をしたものです。

 さらに検索してみると、どうも私が思い浮かべたのは「トラピストガレット」というもので、那須高原の銘菓なんだそうで。どおりで、横浜では見かけないはずですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーローゼス

 少し前に電撃プレイステーションで見かけたゲーム「ブルーローゼス(リンク先は音が出ます)」のブログパーツを発見したので使ってみます。


 ブログパーツって、本文に貼るものなのだろうか……というところは疑問ですが、とりあえず貼るだけ貼っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうにもならなかった髪がどうにかなってきた

 日曜日の記事では髪型がどうしてもマッシュルームのようになり、どうにもならないと書きました。そして、日曜日に行った美容室ではやはりツンツンのど派手な髪型にされ、帰ってくると髪をどうにも制御できない状態に……。再びマッシュルーム型になっていればまだマシなのですが、髪が短くどうしても立ってしまうため、かなりボサボサな頭になっていました。

 それではさすがに連休明けの火曜日に出社できないと思い、月曜日(体育の日)に別の美容室へ行くことに。そこでは、カウンセリングを重視していると言うことで、疑いつつも少しながら期待を抱きつつ、美容室へ行ってきました。ワックスを使って髪型をセットするテクニックがうまくできないこともちゃんと伝えました。カウンセリング重視を自負しているだけあって、いろいろと状況を詳しく聞いてもらえました。ただ、美容師の話では、髪が短いのもあるのでワックスがどうしても必要になるかも知れないとのことでした。

 私にとって、ここから先はちょっとした衝撃の新事実でした。マッシュルームのように髪が横に広がる原因やその対策をいくつか教わったのです。

 髪がつむじに従って横に流れているので、その流れを下に向けることで横への広がりを防ぐとか、両脇の髪をやや斜め前へ流すことで広がりを防ぐとか。髪をいったん持ち上げてドライヤーで温め、クシで髪を頭に押しつけて冷やすという方法も知りませんでした。今までは単に熱風で髪を押しつけるようにドライヤーの風を当てていました。

 月曜日の美容室で知ったことのうち、特に気になったのは「クリームタイプの」ワックスを塗るということです。いままでは年度のような固さのあるクレイタイプのワックスだけです。ワックスがすべてこういうものだと思っていました。クリームタイプのワックスを使えば、もしかすると髪型を自由にセットできるのではないかとさえ思いました。

 帰りにクリームタイプのワックスを買い、美容室で教わったことを思い出しながら自分で髪型を整えたところ、思ったよりうまくいったことに驚きでした。ワックスで髪を自由自在に……というところまではいきませんでしたが、少なくともマッシュルーム型っぽくは見えなくなりました。

 とりあえず、髪型の問題は一応の決着がついたように思います。

 同じような悩みを持っている人が多いとは思いませんが、何かしらの髪型の悩みがある人へ、私が月曜日に行った美容室をお勧めしておきます。この美容室です。

Tlico Hair (トリコ・ヘアー)
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000035734/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうにもならない髪に苦悩

 この髪型はどうにもならないのだろうかと思ったことは何度もあります。……というより、今でもそう思っています。髪質の問題なんだと思うのですが、髪型がどうしてもマッシュルームっぽくなってしまうのです。

 私は基本的に理容室へ通っているのですが、美容室に行けばどうにかなるかもしれないと思うこともあります。それで実際に美容室に行って試してみたのが2年くらい前でした。とりあえず問題点を説明してカットしてもらいました。

 で、そこの美容師が出した解決策は、ワックスを使って頭のてっぺんあたりを浮かせて、横への広がりを目立たなくするというものです。確かにそれで横への広がりは目立たなくなったのですが、ワックスでツンツンにした髪型はあまりにも目立ちすぎます。「このくらい(の派手さ加減)なら上司から突っ込まれたりもしませんよ」と言われたものの、私の周囲と比べると明らかに派手です。

 しかも、夜に頭を洗ったところ、どう頑張っても髪を浮かせることができず、ただ乱雑に切ったような髪型になってしまいました。美容師の人は一体どうやっていたのかと。床屋に行って整えてもらうこともできない時間なので、仕方なくそのまま出社する羽目に……。

 なかなかのトラウマになっていたので、再び床屋通いに戻っていたのですが、そのままではマッシュルームヘアーになってしまう問題が解決しません。

 そのため、もう一度チャレンジしてみようと今日は別の美容室に行ってきました。派手なのは好きじゃないとか、ワックスを使って浮かせるのは再現できないということを伝えて、前回のような間違いが起きないようにしたつもりでした。しかし、できあがったのは前回のように派手なツンツンヘアーで、やっぱりワックスで髪を浮かせるやりかたでした。どうしてこうなってしまうのやら。

 試しに頭を洗ってワックスをうまく使う方法が分からないかと思ったのですが、やっぱりできません。今回は幸いにも明日が休みなので、明日はまた別の美容室に行ってなんとかしてもらうことにしました。今度は「テクニックを使わなくても髪型を維持できる」ことを明確に要求してこようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日清焼そばU.F.O.カラムーチョ ホットチリ味

 本当は普通のUFOを買いたかったのですが、店に置いていなかったので、カラムーチョ ホットチリ味というものを買ってきました。

 実際食べてみると、それほど悪くはないのですが、トッピングのカラムーチョ以外はほとんど具がありません。

 やっぱり普通のUFOの方が良かったなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »