« 「読書の秋」というべきか、「積ん読の秋」と言うべきか | トップページ | トトリのアトリエが面白い »

地元で見つけた謎の標識

 横浜に引っ越してからは全く見かけませんが、地元にいた頃は変な標識を2つほど見たことがありました。今回はそれを紹介します。さっそくですが1つ目はこれ。

Photo

 何を伝えようとしているのか分かりません。とりあえず形が丸いことは分かるので、案内標識でもなければ通学路の標識でないことは分かります。しかし、形だけではやっぱり分かりません。

 さらにひどいのがこれです。
Photo_2
 もう棒しかありません。形をたよりに何の標識か推測することすらできません。「建設省」(今の国土交通省)と書いてあるので、古い標識であることだけは分かります。


ブログネタ: あなたの「コネタ」を募集中です。参加数拍手

|

« 「読書の秋」というべきか、「積ん読の秋」と言うべきか | トップページ | トトリのアトリエが面白い »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43621/37433604

この記事へのトラックバック一覧です: 地元で見つけた謎の標識:

« 「読書の秋」というべきか、「積ん読の秋」と言うべきか | トップページ | トトリのアトリエが面白い »