« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

長時間労働をやめさせるには……

 過労死しそうな人を救うことはできるのか、ということを考えさせられる事態に陥っています。

 私がときどき訪れている個人のブログがあるのですが、そのブログの管理人が残業地獄に陥っていて、体調をくずしているそうです。何でも、体調不良で1日の休暇を取ってみたものの、休んでいた日の記憶が半日分くらいぽっかりと抜けているんだとか。

 実際に対面したわけではないのと、その辺の病気に詳しいわけでもないで断定できないところがあるのですが、酔っているわけでもないのに記憶が飛ぶというのは相当に危険な状態なのではないかと心配しています。

 こういうのは、管理職を刑事告発できたりしないのかと思って少し調べてみたのですが、出てくるのは、残業代をもらえない場合に労働基準監督署に告発して残業代をもらうという程度です。「残業代を出せ」と訴えるのは匿名で記できないことですから、これでは告発する人が不利益を被る可能性が高いです。そうではなく、過労死が出かねない長時間労働をさせたら、働かせる奴に刑事罰を与えるようにしないと。今のままでは不法な労働のさせ放題です。

 世間のニュースでは刃物やら毒やらを使った殺人罪は、殺した人が1人でも犯罪が疑わしくても死刑だ死刑だの大合唱になります。一方で、重労働で何人を殺しても無罪放免になっているところを見ると、世の中腐ってると思えてきます。会社による人殺しを防ぐには、こういうところをちゃんとやるべきではないかと思います。

 それにしても、危ない状態になっているブログの管理人をどうにか救うことはできないでしょうか。

-----
以下、2011/02/06追記

 長時間労働していたブログの管理人ですが、残業禁止令が出たそうで助かったみたいです。なんでも、会社の業績が悪いから残業を禁止するとか。無賃残業をさせるような会社ではないそうで、本当に残業せず定時退社しているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows Phone 7をはやらせるべし

 会社の先輩が「秋本くんはAndroidでアプリ作ってたりするんですか」なんて最近聞かれました。私は、開発をやっている部署ではないのに勝手にプログラムを書いたりもするのでこういうことを聞かれたりするのです。

 AndroidでもiPhoneでもなく私が流行させたいのはWindows Phone 7です。そのためAndroidに手を貸そうという発想は持てないのですが、携帯端末向けのアプリを作ってみるという発想はなかなかいいかもしれないと思っていて、何か万人向けのゲームを作ってWindows Phoneの流行に貢献できたらいいなと思っています。

……そういうわけで、まずは下調べと、AndroidとiPhoneのアプリが山ほど詳解されている雑誌を買ってきました。携帯電話のAPIをいろいろ知る必要がありそうなもの、アイディアだけでどうにかなりそうなもの、ウェブサイトのAPIを知る必要がありそうなものなどいろいろあります。こういうものをWindows Phone 7にも作って、いずれ日本でも発売するだろうWindows Phone 7の普及に貢献したいと思います。

 それがうまくいくかどうかが一番問題なんですけどね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

 もう1月15日になっていて、今更な気もしますが、とりあえずおめでとうございます。ブログの右のメニューをいろいろ変更しました。その一環でブログの開設年月日も表示して気づいたのですが、どうやら今年でこのブログは開設からもうすぐ5年になるみたいですね。私が2003年にブログを始めてからあちこち転々としてきたので、ココログを開設した時期をすっかり忘れていました。

 去年、ゼノブレイドの攻略記事を数件載せてからアクセスがだいぶ増えてアクセスログを見るのが少し楽しみになってきています。ハウツーものがここまで人を呼び込むものだとは想像していませんでした。1日あたり10件ちょっとだったページビューが、今では毎日のように100件を超えています。今年も何か役に立つ記事を書いていけたらいいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »