« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

キレたら困る寝ぐせ直し

ブログネタ: 「キレたら困るもの」といえば?参加数拍手

 普段、詰め替えを確実に用意しているのですが、モーニングヘアーウォーターはなくなると非常に困ります。

 私は朝起きると必ず寝癖になっていて、それを直すのにモーニングヘアーウォーターは必須です。これがないと寝癖のまま会社に行くことになるでしょう。どこのかの会社に訪問する日になくなっていたらどうしようかと思うことがときどきあります。どこか旅行するときにも必ず持って行きます。

サクセス モーニングヘアウォーター髪さらミスト つめかえ用Health and Beautyサクセス モーニングヘアウォーター髪さらミスト つめかえ用

Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレート分配の誤り

 私が所属している部署では、バレンタインデーは新人女性社員が部署の女性社員からまえもってお金を徴収しておいて、バレンタインデーに男性社員にチョコレートを配る……というようなことをやっていました。ホワイトデーは性別がひっくり返って同じことをやります。去年まで3年連続でバレンタインデーが休日だったのですが、それでも別の日に配っていました。

 しかし、今年は事情が違っていて、上からのお達しでこの行事を廃止することになりました。いわく、男性社員に対して女性社員がだいぶ少ない(3:1くらいの比率)ため、バレンタインデーは女性社員の負担が大きくなっているのではないか……とのことです。

 これ、単に女性社員に対していい格好をしたいのかなあ……と疑問に思ってしまうところがあります。

 というのは、1人あたりの集金は男性社員も女性社員も500円程度で変わらないのです。男女比に違いがあるので、1人あたりの出費は変わらないのですが、もらえるものの金額に違いが出てくるのです。先ほど出した通り、男女比が3:1くらいなので、女性の方が3倍くらい高いものをもらっていることになります。つまり、女性社員の方が有利な制度だったわけです。

 もしかするとここら辺の事情を推し量っていて、女性優位の状態を男女平等に是正したのかなと考えることもできます。そうだとしたら尊敬に値するのですが、実際はどうなんでしょう。

 とりあえず、女性の負担がどうのこうのじゃなくて、男女両方とも新人にとってだいぶ面倒くさい行事になっているので廃止されたのは良いことだと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラえもんの声優

 私は今でも、帰宅して時間に間に合えばドラえもんを見るのですが、「今のドラえもんは大山のぶ代じゃないから見ない」という意見もよく耳にしてきました。

 サザエさんに出てくるカツオの声が変わったときは何も起きなかった気がするのですが、サザエさんの声が変わったら、サザエさんを見なくなるのでしょうか。ちびまるこちゃんの場合はどうなんでしょうか。

 私は声優が誰かなんて気にすることはほとんどないので、世間がこれほど声優にこだわっていることが不思議に感じています。

 以前にドラえもんの声優が大山のぶ代だったのは、既に過去の話です。今と昔が違うなんてことを問題視してもしょうがないです。現状を受け入れる姿勢がなくて後ろばかり見ているというのはちょっといやですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せんぶつまめ

 書いた記事を確認するために自分でこのブログを見たりするのですが、少し前に書いた「せつぶんまめ」という記事は、見るたびに「せまめ」と読み間違えてしまいます。

 会社の隣のビルの食堂よ、なぜ「節分」くらい漢字で書かないのかと。

 コンピューターでは簡単に漢字に変換できるからといって何でもかんでも漢字にして読みにくい文章を作る奴は山ほどいます。それに抵抗して平仮名で書きたくなるのも分かります。しかしそれを実行しないでください。ちゃんと読みやすい表記にしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンネルを抜けると……

「雪国なら多少雪が降っても大丈夫ですが、雪になれていない都会で降ると大問題ですね」

 天気予報でそんなことを聞いて気づきました。雪国というのは、既に雪がつもった状態を表すわけではなくて雪が降りやすい地域のことなんですね。雪が積もった状態を雪国というのは比喩みたいなものでしょう。

……ということは、「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」というのは、雪が積もっていたわけではなくて、雪が降りやすい地域に出てきたという意味だったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖まらないエアコン

 仕事中、目にゴミが入ってなかなかとれないと思ったら、涙が出てきていないことに気づきました。そういえば最近、あくびしても涙が出てきていないような……。

 もしかするとドライアイですかね。

 パソコンを1日中使っているのは何年も前からの話なのでこれが原因ではないと思います。エアコンの暖房の効きが悪くて体の右上からエアコンの風を直で受けているから……ですかね。

 エアコンの効きが悪いのは引っ越してからのことで、エアコンの前に手をかざしてみても室温より少し暖かいかなくらいの温度しかありません。エアコンの風に直で当たらない場所は寒くていられないくらいです。

 そもそもこの機種が古いのか……。たしかに、引っ越す前とほぼ同じ機種なのですが、何が違うというと、今使っているのは空気清浄機能がついていないのです。築30年くらいの寮から築9年(うろおぼえ)くらいのアパートに移ってきたのですが、こっちの方がエアコンは古いんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「学歴」と「仕事能力」はもちろん関係がある

 仕事を遂行する能力と学歴というのは関係ない……ということにしたい人は多いと思うのですが、現実の問題として、どうしても相関が生まれるものだと思います。

 「関係ない」と言っている人は、「学歴=仕事能力」ではないからという根拠が多いですが、そもそもそういう話ではありません。たまに学歴が高くて仕事はできる人やその反対の人がいたとしても、全体的な傾向があれば「関係はある」ということになるのです。

 同じ会社の中で、学歴が高い人はいまいち使えない気がするから関係ないという人もいますが、それは似たり寄ったりの学歴をもつ人が集まる会社の中だからです。会社同士を比べてみると、有名企業・大企業には学歴の高い人が多いわけです

 話は変わりますが、新たな商品やサービスを考えるのにも、実際にそれらを作るのも、知識があるほど選べる手段が増えるというものです。あれもこれも分からない人が勝負しようとしてもなかなか難しいでしょう。既存の製品を改良するのと、何もないところから新しい製品を作るのとでは、前者の方が簡単です。このとき、既存の製品の知識がなければ新しい製品を作るしか手段がありません。知識の有無というのは重要なのです。

 どちらかというと学歴よりは学力の方が関係があるでしょう。しかし学歴と学力も相関はあるでしょうから、仕事を遂行する能力と学歴というのも確かに関係あります。関係ない関係ないと多くの人が主張して、子どもが勉強する意義を見失っていったら問題です。学力や学歴が、仕事をする上で役に立たないかのように主張することは有害であるとさえ思います。

ブログネタ: ズバリ!「学歴」と「仕事能力」って関係ある?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せつぶんまめ

 会社の隣のビルで食事をしたところ、レジ打ち店員が「せつぶんまめ」をくれました。

 あんまりうまくないのは、もしかすると食べるための豆ではなくて投げるための豆だったのだろうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »