« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

体と頭脳と大人と子ども

体は子ども、頭脳は大人 ⇒ 名探偵コナン
体は大人、頭脳は子ども ⇒ ダメ人間
体はアダルト、頭脳はチャイルド ⇒ 変態

……って小五郎のおじちゃんが言ってた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dメール送信後、タイムリープしてもDメールは取り消されないのはなぜか

 シュタインズゲート(Steins;Gate)をプレー中に自分が疑問に思ったことと、いろいろ考えたあとの結論を1つ書きます。

[疑問]

 第七章「虚像歪曲のコンプレックス」の最後で、フェイリスパパにDメール送信したのは8月14日。その後、第八章で(最長で)8月11日にタイムリープした。このあとは、漆原るかにつきっきりで、フェイリスにDメールを送らせることはなかった。それにも関わらず、フェイリスパパはDメールを受信したことになっているのはなぜか。

[結論]

 フェイリスパパにDメールを送信する前と後では、世界線が違うから。

 そもそも、タイムリープとは関係なく、「Dメール送信後の世界線」では、「Dメールを送った」という事実はなかったことになる。

 たとえば、第三章でロト6のDメールを送信した後の世界線では、「Dメールを送信する実験は行わなかった」ことになっている。

 同様に、フェイリスパパにDメールを送信したのは第七章の世界線であって、第八章の世界線ではそもそもフェイリスパパにDメールを送信した事実自体がない。

 ちなみに、フェイリスの件に限らず、Dメールは送信履歴に残らない。これも、Dメールを送信した事実がない世界線に変化したから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

助手でもクリスティーナでもないと言っとろうが!

 プラチナコレクション版のシュタインズゲートを2週間前に買って、1250ポイントの実績のロックを解除しました。

 このゲームはデスノートのような論理性があるのが気に入っていますが、論理だけではなく、泣くほど感動できるゲームでもあります。

 あんまり関係ないですけど、泣くほど感動したシナリオには何があったかと思い出してみたので列挙してみます。

・Wild Arms 2nd Ignition(PSのゲーム)
・天国に一番近い男(テレビドラマ、モノカンパニーの方)
・世界の中心で愛を叫ぶ(テレビドラマ)
・ドリーム☆アゲイン(テレビドラマ)
・JIN(テレビドラマ、Season2ではない方)
・トトリのアトリエ(PS3ゲーム)
・グッドライフ(テレビドラマ)
・戦國無双2の雑賀孫市のエンディング(PS2?のゲーム)

シュタインズ・ゲート Xbox360 プラチナコレクションVideo Gamesシュタインズ・ゲート Xbox360 プラチナコレクション

販売元:5pb.
発売日:2011/06/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »