« 手料理とか家庭料理とかの存在意義 | トップページ | 0起算に対する思い入れ »

ニセディズニーランドとLinux

 中国には石景山遊園地という遊園地があります。ここはディズニーのキャラクターのニセ者がパレードをやっていたりしたところです。

http://www.youtube.com/watch?v=Luop70OiZtc&feature=related

 こういうのって、たとえばディズニーから企画書を盗んできて作ったというなら当然悪いですが、そうしたわけではなくとも、完成品をマネすること自体にも問題があるものだと思います。

 また、遊園地の利用者も利用者で、ニセ者を排除しようとは考えず普通に利用してしまう姿勢は悪いと思います いつかの報道ではディズニーより石景山遊園地のキャラクターの方がいいと言っていた人もいた記憶があります。

 これを見て思い出すのですが、Linuxはこれとどう違うのかと疑問に思うのです。

 ソースコードを流用はしていないとはいえ、できあがったOSはUnixに似せた盗作です。盗んでくる元はUnixだけではなく、たとえばWineなんかはWindowsの盗作です。

 利用者の意識も石景山遊園地とそっくりで、Linuxが最も素晴らしいOSだと思っています。

 遊園地もOSも同じようなことをやっているのに、業界が代わってしまうと同じ物が違うように見えてしまう人が山ほどいるのはどうしたものだろうなと思います。

|

« 手料理とか家庭料理とかの存在意義 | トップページ | 0起算に対する思い入れ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43621/44625991

この記事へのトラックバック一覧です: ニセディズニーランドとLinux:

« 手料理とか家庭料理とかの存在意義 | トップページ | 0起算に対する思い入れ »