« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

進化

 「進化」ってのはそもそもどういうことなのか。義務教育時代に遺伝の話が授業で出てきてもピンと来ませんでした。

 遺伝情報は一生変わることがないということは、親が生まれてから子供ができるまでの親の生き方は、遺伝情報としては全く残らないわけです。それでも生物は環境に適応して進化していくのだとか。遺伝情報が変わらないのに一体何が進化なのか分かりませんでした。

 それが理解できたのは、フジテレビで放送されている「ホンマでっか」を見ていたときでした。そのとき、放送で「左利きは寿命が10年短い」という話をしていたのです。もしそれが本当だとすると、長い年月をかけて何百世代も変わっていくうちに左利きが減り続け、そのうちほとんどいなくなってしまうのではないか……と思ったわけです。

 そもそも左利きの寿命が短いことが本当かどうか分かりませんし、そもそも利き腕が遺伝に関係するのか分かりません。

 しかし、もし、ある特定の遺伝子を持っている生物は他の個体より寿命が短いという傾向が少しでもあるなら、その遺伝子を持っている個体は時間が経過して行くにつれ減っていき、いずれは0になる……という推測は成り立ちそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »