« 長期的に摂取したときの影響など、分からなくて普通である | トップページ | 171 »

戦争と平和は対義語でない

 対義語だと思われている「戦争」と「平和」ですが、実はこれは対義語ではありません。

 戦争というのは外交の手段の一つであって、戦争で解決を図る手段もあれば、対話で解決を図ることもあります。いずれにしろ戦争というのは活動の一種なのです。文法的に言うと、動作を表す名詞です。これに対して、平和は大きな問題のない状態のことです。

 「朝方」と「夕方」のように両方とも状態を表す単語であったり、「解雇」と「雇用」のように、両方動作を表す単語なら対義語になります。一方、戦争と平和は、動作を表す名詞と状態を表す名詞ですから、対義語ではないのです。「戦争する」とは言いますが「平和する」とは言いません。


 「歯磨き」をすると「虫歯」になりません。だからといって、歯磨きと虫歯は対義語ではありません。戦争をすると平和でなくなるからといって、この2語は対義語だとはいえないのです。

|

« 長期的に摂取したときの影響など、分からなくて普通である | トップページ | 171 »

「学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43621/51783591

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争と平和は対義語でない:

« 長期的に摂取したときの影響など、分からなくて普通である | トップページ | 171 »