« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

カワイイとキレイは直行座標

 カワイイ系とキレイ系はどちらがいいか……みたいな話はありがちですが、そもそもカワイイ系とキレイ系って人によって認識が違ってきそうだと思います。……ので、私の認識で分類してみました。

カワイイ系
長野美郷・石原さとみ・矢口真里・皆藤愛子・田中みな実・堀北真希・ローラ・福田沙紀・広末涼子・篠崎愛

キレイ系
倉科カナ・三田友梨佳・真木よう子・比嘉愛未・吉瀬美智子・加藤綾子・飯島直子

 基準は特になくてイメージです。

 モデルは大概はキレイ系だと思いますが、ローラは性格がああなのでカワイイ系に分類しています。ぶりっこキャラはカワイイ系で、例外は思い当たらないです。

 数学の座標に例えてみると直行座標のx軸とy軸がそのままキレイ軸とカワイイ軸だと思います。両方に該当する人も、どちらも該当しない人もいると。極座標に変換するとr(原点からの距離)が女子力で、θ(角度)がカワイイとキレイのどちら寄りかを表す……といった感じがします。

 最後に、どちらかというとキレイ系の方がいいかなと。キレイ系の人でも仲良くなったらカワイイと思うに違いないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生活に関係のある数学

 数学は社会人になったら使わないという印象が大きいですが、実生活に関係のあることに関しても、数学の知識が足りていないと大きく勘違いすることがあります。今回はそういう例を取り上げてみます。

 さて、本題ですが、ある病気Dがあり、病気Dを患っているかどうか99%の精度で分かる検査方法をあなたが受け、結果は陽性だったとします。

 この検査は99%の精度なので、この検査を受けると……

病気Dを患っていない人の99%は陰性、
病気Dを患っていない人の1%は陽性、
病気Dを患っている人の99%は陽性、
病気Dを患っている人の1%は陰性

……という結果になります。

 あなたは結果が陽性だったので、99%の確率で病気Dを患っている……と考えるのは計算間違いです。

 実は、ここまでの情報だけでは「陽性の結果が出たという前提で、実際に病気Dを患っている確率」を求めることはできません。

 そこで、「実際に病気Dを患っているのは千人に1人程度である」とします。この検査を1万人が受けたとすると……

病気Dを患っていない人は約1万人。このうち、陽性が出たのは約100人。
病気Dを患っている人は約10人。このうち、陽性が出たのは約10人。
陽性の結果が出たのは約110人。このうち、本当に病気Dを患っているのは約10人。

 したがって、「陽性の結果が出たという前提で、実際に病気Dを患っている確率」は10/110=1/11≒9%です。上の人数を正確に計算すると10*0.99/(9990*0.01+10*0.99)≒0.09で、やはり9%です。再検査を受けるに当たってだいぶ気が楽になることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »