« 続・オペレーション・「ダンエボ」 | トップページ | orz »

バファリンの優しさ

 最近は残業が多く、その内容もやりがいのないくだらない内容なので不満の溜まる毎日です。都合良く、具合が悪くなったりしないだろうかと思っていたところ、以前にかぜの症状が出てきたときのことを思い出しました。

 その日は平日で、会社にいる間ずっと寒気がしていた日でした。定時帰りして夕飯を済ませ、バファリンを飲んで早めに寝てしまいました。バファリンの効果もあってか、翌朝は特につらくなかったため普通に出勤しました。通勤の電車の中でずっと立っていると、途中の駅で急に疲れが出てきて、いつの間にか倒れていました。次の駅で救護室に運ばれ、そのまま会社は休むことにしました。

 これと同じような事態は以前にもありました。サーバを何台か収容したサーバラックのすぐそばが自分の席になってしまったときで、1日中騒音を聞き続ける日が1年以上も続いていたときでした。このときは日中に騒音を聞いて、帰りの電車で調子が悪くなり病院に運ばれたため、帰りが遅くなって非常にありがたくなかったと覚えています。一方、バファリンで倒れたときはバファリンの効果で具合は良くなっている上、倒れたのは会社に行く途中だったためそのまま休む口実を作ることができたのです。バファリンの優しさを実感した出来事でした。

|

« 続・オペレーション・「ダンエボ」 | トップページ | orz »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43621/55284680

この記事へのトラックバック一覧です: バファリンの優しさ:

« 続・オペレーション・「ダンエボ」 | トップページ | orz »