« 2014年6月 | トップページ | 2014年10月 »

「魔法少女まどか☆マギカ」に見る、親切であることの愚かさ

 この作品をTSUTAYAから借りていたことは8月2日の記事で書きましたが、返却した後もシナリオが気になっていて、考察サイトや実況のまとめサイトを見ています。そういうサイトで視聴者の見解を見ていると、キュゥべえが悪魔のような奴で、さやかがかわいそうみたいに思われていますが、この見方には違和感を覚えます。

 私が初めてストーリーの序盤を見たときは、マミとキュゥべえとほむらはそれぞれ考えをもっていて、対立はしているけど3人とも正しいのだろうと予想していました。そして、さやかは自己犠牲が正しいと思っている愚か者だという印象を持っていました。実際、さやかは上条恭介を志筑仁美に奪われ、そんな所に女性を使い捨てるような下劣な男に出くわして絶望し、魔女化し、果ては仲間を死に至らしめるという多大な迷惑をかけています。

 さやか自身もそうですが、他人のために自分を犠牲にしようとする人間というのは愚か者で迷惑者です。「他人のため」というのは、自分がそう思っているだけであって本当にその人にとって良いことかどうかなんて分からないものです。実際さやかは入院中の恭介のために音楽を聞かせようとして迷惑がられています。

「情けは人のためならず」という言葉には「優しくするのはその相手のためにならないから厳しくしよう」という誤った解釈があります。正しくは「他人に対して良いことをすると自分に巡ってくるんだよ」という意味ですが、「人のためになると思ってやることも実際はただの迷惑だよ」という意味にした方が核心を突いています。

 キュゥべえも人の願いを叶えるという点では同じですが、願いを叶えることでキュゥべえの得にもなっているのですからキュゥべえは愚か者ではありません。ストーリーではキュゥべえが悪者であるかのような演出ですが、キュゥべえは人の感情が理解できないだけであって、感情が理解できないなりに説明を尽くしてもいます。都合の悪いことを隠していますが、言っている内容自体は嘘ではないのですから騙してもいません。都合の良い部分を提示されて、それが全部だと思い込むこと自体がおかしいのです。ちゃんと説明しておく義務がある場合など、説明しないことで自分に損が及ぶ場合以外は説明を省いて当たり前です。

 そして、キュゥべえはちゃんと同意を得て願いを叶えて魔法少女にしているので、それに同意しなければ特に迷惑をもたらすこともありません。自分にとって得になることをする人というのは、周りに損をもたらす人ではないのです。利害関係が一致する人の中にいたり、誰も味方につけず一人で勝手にやっていれば迷惑にならないのですから。

 これに対し、さやかは身近な人に勝手に親切にするタイプですから、身近にいるだけで迷惑です。

 もしさやかがもう少しだけでも杏子と同じように損得の分かる人間だったら、自分のためにならない、恭介の怪我を治すだけの願いなどせず、「恭介の怪我を治して恩人になりたい」などと願ったと思います。そうすればワルプルギスが来る前に魔女化することや杏子を犠牲にすることは避けられたんじゃないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友達とは何かを考えたら必要ないものだった

 最近はTSUTAYAからアニメDVDを借りてくるのがマイブームになっているのですが、今度は「僕は友達が少ない」を借りてきました。DVD1巻に出てくる「エア友達」という概念に衝撃を受けてそのまま最後まで楽しく見てしまいました。

 ただ、この作品は「ぼっち」に対する誤解を広めそうだなとも思いました。この作品はギャグ路線を行っていて「友達を作りたいのに作れない」状況をおもしろおかしく書いているフィクションであり、現実に友達がいない、あるいは少ない人はこういう奴なんだという話ではないと思います。「そりゃあ、現実の人は『エア友達』なんて妄想はしないだろう」……という話ではなくて、友達を作りたいという所がまず違うかと思います。

「友達がいる方が望ましいと考えていて実際に十分な人数の友達がいる」人にとっては「友達などいなくていい」という考えが想像できないようで、「友達などいなくていい」という発言はやせ我慢やツンデレだ……くらいに思っています。なんて傲慢な発想なんだろうと思います。

 他人とのつながりというのは利害関係が基本です。……なんてことをいうと「金で友達を買うのか」なんて狂った発想をする人も出てきそうですが、そういう話ではありません。物の考え方、感じ方、常識なんてものは人によって全然違うものであって、そう簡単に共感できる物ではありませんし、共感する必要もないのです。ですからそんな過干渉はやめて、自分に損害をもたらさなければそれでいいでしょ、という意味で「利害関係が基本」です。このくらいの接し方をしている相手を友達というのは違和感があるかと思いますが、これがちょうどよい距離感ですから、友達は必要ないといえます。

 ところで、「一年生になったら」という曲には「ともだち100人できるかな」というフレーズがあります。富士山の上で100人でおにぎりを食べたいそうです。100人の友達を作って100人でおにぎりを食べて、残りの1人はどこへ行ってしまったのでしょう。友達というのは恐ろしいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルールは守るものではなく破るものでもなく

 学生の頃、ルールは守るべきものだと思ってた。

 でも実際は全然違った。ルールは破らせるものだった。

 守れないルールを作っておいて破らせておけば、気に入らない相手を選んで処罰することができる。

 それが現実のルールだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔法少女まどか☆マギカ

 TSUTAYAで劇場版を見かけたので、とりあえず1巻から借りてみました。

 願いを1つ叶える代わりに魔女と戦う宿命を負うのですが、単純に出てきた敵を倒していくだけの話ではなく、どちらかというと願いを叶える代わりに失う物の方に焦点が当てられています。

 自分が犠牲になったつもりで他人の願いを叶えて魔法少女になり、自己犠牲の精神は間違いだったと気付く人もいれば、自己犠牲は正しいと信じ続けて最後には他人に大きすぎる迷惑を掛けてしまう人もいます。

 ……という感じで、ただの子ども向けのアニメだろうと見くびっていたのですが、実際に見てみると、かなり印象が変わりました。かわいらしいイラストに反して、ストーリーは主張が強く重厚です。前半のストーリーがまるごと1個の大きな伏線になっていたりもします。ストーリーは大人こそ楽しめる内容になっていますので、気になった方は借りてみるといいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年10月 »