« 友達とは何かを考えたら必要ないものだった | トップページ | 風邪を治す薬とは »

「魔法少女まどか☆マギカ」に見る、親切であることの愚かさ

 この作品をTSUTAYAから借りていたことは8月2日の記事で書きましたが、返却した後もシナリオが気になっていて、考察サイトや実況のまとめサイトを見ています。そういうサイトで視聴者の見解を見ていると、キュゥべえが悪魔のような奴で、さやかがかわいそうみたいに思われていますが、この見方には違和感を覚えます。

 私が初めてストーリーの序盤を見たときは、マミとキュゥべえとほむらはそれぞれ考えをもっていて、対立はしているけど3人とも正しいのだろうと予想していました。そして、さやかは自己犠牲が正しいと思っている愚か者だという印象を持っていました。実際、さやかは上条恭介を志筑仁美に奪われ、そんな所に女性を使い捨てるような下劣な男に出くわして絶望し、魔女化し、果ては仲間を死に至らしめるという多大な迷惑をかけています。

 さやか自身もそうですが、他人のために自分を犠牲にしようとする人間というのは愚か者で迷惑者です。「他人のため」というのは、自分がそう思っているだけであって本当にその人にとって良いことかどうかなんて分からないものです。実際さやかは入院中の恭介のために音楽を聞かせようとして迷惑がられています。

「情けは人のためならず」という言葉には「優しくするのはその相手のためにならないから厳しくしよう」という誤った解釈があります。正しくは「他人に対して良いことをすると自分に巡ってくるんだよ」という意味ですが、「人のためになると思ってやることも実際はただの迷惑だよ」という意味にした方が核心を突いています。

 キュゥべえも人の願いを叶えるという点では同じですが、願いを叶えることでキュゥべえの得にもなっているのですからキュゥべえは愚か者ではありません。ストーリーではキュゥべえが悪者であるかのような演出ですが、キュゥべえは人の感情が理解できないだけであって、感情が理解できないなりに説明を尽くしてもいます。都合の悪いことを隠していますが、言っている内容自体は嘘ではないのですから騙してもいません。都合の良い部分を提示されて、それが全部だと思い込むこと自体がおかしいのです。ちゃんと説明しておく義務がある場合など、説明しないことで自分に損が及ぶ場合以外は説明を省いて当たり前です。

 そして、キュゥべえはちゃんと同意を得て願いを叶えて魔法少女にしているので、それに同意しなければ特に迷惑をもたらすこともありません。自分にとって得になることをする人というのは、周りに損をもたらす人ではないのです。利害関係が一致する人の中にいたり、誰も味方につけず一人で勝手にやっていれば迷惑にならないのですから。

 これに対し、さやかは身近な人に勝手に親切にするタイプですから、身近にいるだけで迷惑です。

 もしさやかがもう少しだけでも杏子と同じように損得の分かる人間だったら、自分のためにならない、恭介の怪我を治すだけの願いなどせず、「恭介の怪我を治して恩人になりたい」などと願ったと思います。そうすればワルプルギスが来る前に魔女化することや杏子を犠牲にすることは避けられたんじゃないかと思います。

|

« 友達とは何かを考えたら必要ないものだった | トップページ | 風邪を治す薬とは »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43621/57086608

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔法少女まどか☆マギカ」に見る、親切であることの愚かさ:

« 友達とは何かを考えたら必要ないものだった | トップページ | 風邪を治す薬とは »