会社員になって気付いた10の真実

 ライブドアニュースを見ていたらこんなのを見つけました。

会社員になって気付いた10の真実
http://news.livedoor.com/article/detail/9667977/

1位 なんだかんだ(財閥系など)大企業は強い 276pt
2位 仕事に学歴はなんの役にも立たない 179pt
3位 頭の良さより情熱や行動力のほうが大事 116pt
4位 なんだかんだ学歴は仕事に役立つ 72pt
5位 「年功序列」は意外と合理的 69pt
6位 「終身雇用」は意味のある良い制度だった 60pt
7位 能力を磨くには大企業のほうが恵まれている 58pt
8位 旧来型の大企業は先行きが暗い 54pt
9位 能力を磨きたければ大企業の歯車になるべきではない。中小で鍛えられたほうがいい47pt
10位 「能力主義・成果主義」はたいていの場合、人件費抑制策でしかない 46pt

 Twitterで感想を投稿することもできますが、入社してもうすぐ8年にもなるとTwitterでは収まりきらないので、それぞれ書いていきます。

……といいつつ、1位については実際その通りと思う以外は特にないので飛ばしますw

 2位の「仕事に学歴はなんの役にも立たない」は、全然違います。4位にランクインしている「なんだかんだ学歴は仕事に役立つ」の方がよほど実態にあっていると思います。

 就職してからは、同じ会社の社員同士を比較する機会がほとんどです。一定以上の能力があると認められた人が採用試験を通って集まってきたのが会社ですから、その中で比較したら、学歴の差が表れないのも自然なのです。

 しかし、学歴の違いは、入る会社自体が大きく違ってきます。極端な例を挙げれば、工事現場を担当するレベルの学歴しかない人が、東大や京大と同等の仕事ができるようになることは、ほとんど考えられないわけです。この極端な違いをそのまま縮小した状態で現実が存在します。

 3位の「頭の良さより情熱や行動力のほうが大事」というのは当てはまらないと思います。実際は「頭の良さと好き嫌いの両方とも大事」といったところでしょうか。

 まず頭の良さについてですが、仕事を懸命にやったとしても、そもそも進むべき方向性を間違えていてほとんど役に立たなかったという落とし穴も結構あるもので、何をしたら良いのかちゃんと理解している必要があります。

 もう一方の「好き嫌い」が大事と書いたのは、やる気のないことをやっても仕事がなかなか進まないということです。これは、「どんな仕事でもやります」なんて主張する人にも当てはまることです。そんな人よりも、自分がどの仕事をしたいのか明確に分かる人の方が仕事もさせやすいのです。

 2位の「仕事に学歴はなんの役にも立たない」と違って、正しいのは4位の「なんだかんだ学歴は仕事に役立つ」です。3位のところで頭の良さについて書きましたが、2位と4位の話にも関わってくることなのです。ただ、学歴というよりは学力の方が重要だと思います。

 5位の「『年功序列』は意外と合理的」はその通りだと思います。たとえ年功序列制でも全員が役員になるわけではないので、成果もある程度関わってくるのです。年功序列というのは、成果を重要視しすぎることもなく、軽視することもなく、ほどよくバランスがとれているのです。

 成果主義は、成果がよいほど給与が上がるわけですが、逆に言うと、給与に困らなければ今以上の成果を挙げる意味がなくなってしまうのです。じゃあ、給与が欲しい人にとっては良いかというとそうでもなくて、成果によって給与が変わるようでは生活設計を立てにくいという問題が出てくるのです。

 成果主義がどれほど良くない制度なのかはこの本に詳しく説明されています。

http://www.amazon.co.jp/dp/4822243729

 途中で気力がなくなってしまったのでこのへんでw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メジロやホトトギスは飼育してはいけないらしい

 メジロを不正飼育した容疑で家宅捜索された人がいるそうです。「不正飼育」ってどんな飼育かと思ったのですが、飼育すること自体が違法らしいです。

「鳥の鳴き声好きだった」 メジロ39羽不正飼育容疑
http://www.asahi.com/national/update/0510/OSK201005100154.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弱酸性の液体

1週間も前の新聞記事なんですが、こんなものがありました。

反捕鯨団体:弱酸性の液体投げ妨害 南極海
http://mainichi.jp/select/today/archive/news/2009/12/22/20091223k0000m040124000c.html

弱酸性の液体ということは、ビオレでも投げたのかな? ……なんてことを一瞬だけ思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政権交代

 珍しく政治ネタの記事です。

政権交代

-----------------------------

 ちなみに、こんな本を買ってきました。

 まだ最初の30ページくらいしか読んでいないのですが、政権交代をすること自体にも結構重要な意味があるみたいですね。なんでそのことをマスコミは解説せずに「交代して何がしたいのか分からない」とか適当なことをいうばかりなのでしょうか。

政権交代―この国を変えるBook政権交代―この国を変える

著者:岡田 克也
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皆既日食

 テレビや新聞で報じられていますが、今日は46年ぶりに日本で皆既日食が見られる日なんだそうです。

 朝日新聞の記事によると、皆既日食の本が完売したとか。

「ここまで売れるとは…」日食本、異例の完売御礼
http://www.asahi.com/national/update/0721/TKY200907210174.html

 表紙には「欠ける太陽を見よう」と書いてありますが、どちらかというと「隠れる太陽」ではないかと思います。表紙のデザインはあまり力を入れていないように見えますが、それでも完売してしまうのは、よほど日食に興味がある人が多いのだろうと思います。

 理系離れが深刻だと言われる中で日食の本が完売したのは良い知らせかなと思います。

 ちなみに、残念ながら私は仕事があるので皆既日食を見に行けません。また、日食を見るための眼鏡には、フィルター部分が透明になっていたり、ずれていたりする不良品が混じっているそうなので気をつけてください。

【 2009年7月21日 科学技術振興機構配布『日食グラス』に不良品 22日皆既日食 】
http://scienceportal.jp/news/daily/0907/0907211.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年金特別便

 書いてあることが分かりにくいということで有名な、年金特別便が私の所にも届きました。

Specialpen

 中身を見てみると、どこの会社に加入しているかということは分かるのですが、実際に払われてる期間がどこなのか、詳細な内容は書かれないそうです。

 私の場合は学生納付特例の期間と今の会社に勤めている期間だけで完全に埋まっているので、学生納付特例で留保されている期間分を払えば良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京五輪サッカー

 オリンピックの試合を今日見ていたのですが、ナイジェリアはやっぱり強かったようですね。

反町日本1次リーグ敗退/サッカー

 反町ジャパンが2連敗で1次リーグ敗退が決まった。ナイジェリアと対戦し、前半は0―0で折り返したが、後半13、29分に失点。同34分にFW豊田の今大会チーム初ゴールで1点を返したが追いつけなかった。チームは7日の米国戦に続く敗戦で、1試合(13日オランダ戦)を残して決勝トーナメント進出の可能性がなくなった。

http://beijing2008.nikkansports.com/soccer/f-sc-tp2-20080810-394134.html

 例のクイズゲームの関係で、最近はサッカーの勉強をしています。ワールドサッカー歴史年表なんて本を読んでみたりとか……。

 週刊サッカーダイジェストをときどき買ったりもします。クイズゲームで役に立つほどの知識を付けるには、なかなか時間がかかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タッチ・アンド・ゴー

 全日空の飛行機が胴体着陸をしたそうですね。大事に至らなかったようで何よりです。

 昼間に見たワイドショーによると、着地したいのに前輪が出てこないことがまれにあるようです。その時は一度、後輪のみ着地し、それで前輪が出てこなければそのまま浮上してから胴体着陸をするとのことです。このときの、後輪だけ着地してそのまま浮上することを「タッチ・アンド・ゴー」というんだとか。

 電車通学を6年間続けてきた私としては「タッチ・アンド・ゴー」と聞くとどうしてもSuicaを思い浮かべてしまいます。「タッチ・アンド・ゴー」は、Suica定期券を改札にタッチしてそのまま通過する様子を言い表しているものと思われます。

 もっとも、最近ではSuicaで「タッチ・アンド・ゴー」と聞きません。タッチの時間が短すぎると改札が反応しないためです。その代わり、「タッチ1秒」と書かれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道路交通法違反の取り締まり強化について

 最近、新聞社のウェブサイトで飲酒運転に関する記事を毎日のように見かけます。交通違反に対して厳しくなっているのは承知の上なのですが、一部予想外な点もあるのでブログに書いておこうかと思います。

 まず、この記事についてです。

朝日新聞記者が酒気帯び運転…甲府
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060920i416.htm

 調べによると、中川記者は19日午前1時35分ごろ、甲府市内の自宅近くの市道で乗用車を運転中、同署員による検問を受けた。

 飲酒の呼気検査で、酒気帯び運転の基準値(呼気1リットル中0・15ミリ・グラム)を上回るアルコールを検知したという。

 同署によると、中川記者は買い物に行く途中で、「17日夜から18日朝にかけ、居酒屋と自宅で一人でビールや焼酎を飲んだ」と話したという。

 17日の夜から18日の朝にかけてビールや焼酎を飲んだとのことですが、酒気帯び運転で摘発されたのは19日の午前中です。つまり、飲酒から摘発まで、ほぼ丸一日もあります。飲み会の帰りに運転をしてはいけないという程度ではなくて、それから一日程度経過してもだめなのです。吐く息のアルコール濃度で酒気帯び運転、飲酒運転を決めるというのは分かるのですが、では一体どの程度の時間が経てばいいのか分からないのが気になるところです。

 そこで出てくるのが次の記事で「これはいいな」と思いました。ただ、いまは生活に自動車が必要なほどの田舎にいるので重要ですが、来年度からは上京する可能性が高いので私自身にはあまり関係がなさそうです。

飲酒運転防止車:自動車メーカー開発急ぐ 不可欠と判断
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/20060914k0000m020067000c.html

 日産自動車やトヨタ自動車など自動車メーカーが、飲酒運転を防止する装置を搭載した四輪車の開発を相次いで検討し始めた。これまで衝突時の衝撃緩和や衝突防止などの安全対策に力を入れてきたが、飲酒運転による死亡事故が後を絶たない中、自動車メーカーとしても飲酒対策が不可欠と判断した。

 次の記事は千葉県の話ですが、他の都道府県でも同じことかもしれません。

自転車の違反も許しません
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/chiba/news004.htm

 県警は25日、「秋の全国交通安全運動」の一環として、自転車の悪質運転者の取り締まりを県内全域で実施した。最重点の無灯火のほか、飲酒運転や2人乗りなど道交法に違反する運転者に目を光らせた。

 記事のタイトルの通りなのですが、交通ルールの徹底は自転車にも波及しているようです。自転車には免許証がないので、~点と反則金などという処罰ではなく、即座に~万円以下の罰金となるので、ひょっとすると自動車よりも厳しいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)