どうにもならなかった髪がどうにかなってきた

 日曜日の記事では髪型がどうしてもマッシュルームのようになり、どうにもならないと書きました。そして、日曜日に行った美容室ではやはりツンツンのど派手な髪型にされ、帰ってくると髪をどうにも制御できない状態に……。再びマッシュルーム型になっていればまだマシなのですが、髪が短くどうしても立ってしまうため、かなりボサボサな頭になっていました。

 それではさすがに連休明けの火曜日に出社できないと思い、月曜日(体育の日)に別の美容室へ行くことに。そこでは、カウンセリングを重視していると言うことで、疑いつつも少しながら期待を抱きつつ、美容室へ行ってきました。ワックスを使って髪型をセットするテクニックがうまくできないこともちゃんと伝えました。カウンセリング重視を自負しているだけあって、いろいろと状況を詳しく聞いてもらえました。ただ、美容師の話では、髪が短いのもあるのでワックスがどうしても必要になるかも知れないとのことでした。

 私にとって、ここから先はちょっとした衝撃の新事実でした。マッシュルームのように髪が横に広がる原因やその対策をいくつか教わったのです。

 髪がつむじに従って横に流れているので、その流れを下に向けることで横への広がりを防ぐとか、両脇の髪をやや斜め前へ流すことで広がりを防ぐとか。髪をいったん持ち上げてドライヤーで温め、クシで髪を頭に押しつけて冷やすという方法も知りませんでした。今までは単に熱風で髪を押しつけるようにドライヤーの風を当てていました。

 月曜日の美容室で知ったことのうち、特に気になったのは「クリームタイプの」ワックスを塗るということです。いままでは年度のような固さのあるクレイタイプのワックスだけです。ワックスがすべてこういうものだと思っていました。クリームタイプのワックスを使えば、もしかすると髪型を自由にセットできるのではないかとさえ思いました。

 帰りにクリームタイプのワックスを買い、美容室で教わったことを思い出しながら自分で髪型を整えたところ、思ったよりうまくいったことに驚きでした。ワックスで髪を自由自在に……というところまではいきませんでしたが、少なくともマッシュルーム型っぽくは見えなくなりました。

 とりあえず、髪型の問題は一応の決着がついたように思います。

 同じような悩みを持っている人が多いとは思いませんが、何かしらの髪型の悩みがある人へ、私が月曜日に行った美容室をお勧めしておきます。この美容室です。

Tlico Hair (トリコ・ヘアー)
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000035734/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

去年の手袋を発見

 手袋を片方なくしてUNIQLOの手袋を買ってきたことをきのうの記事に書きましたが、そのあとで新事実が発覚しました。きのう買ったものと全く同じUNIQLOの手袋が、大学の研究室にある私の机の引き出しに入っていたのです。しかし、入っていたのは片方だけです。この見つけた手袋は去年買ったものなのですが、そのときも片方だけなくしてしまい、残った方は引き出しの奥の方、邪魔にならないところに入れておいたのでした。

 不幸中の幸いといいますか、きのう紛失したのは左手用で、きょう見つけたのも左手用です。きのう紛失せずに残った右手用の手袋と、きょう見つけた手袋をはめて使えるのです。ただ残念なことに、きのう紛失した手袋はUNIQLOのものではありません。きょう見つけた手袋と見比べるまでもなく、左右が合わない別の手袋です。どうせまたすぐに紛失するだろうとたかをくくって種類の違う手袋をはめるのがいいか、それともきのう買ってきたUNIQLOの手袋を使うのがいいか悩ましいところです。いや、本当は悩まずに両手UNIQLOにしますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手袋は消耗品

 きのうの朝、自転車のかごにバッグを入れて、その上に手袋を載せていたのですが、いつの間にか手袋の片方がなくなっていました。仕方なく、いままで通ってきた道を引き返して手袋を探すことに……。道をよく見て走っていると、遠くの方に手袋が落ちていました。

 見つかって良かったと思いつつ、近づいてその手袋を見ると、明らかに別の人の手袋でした。手袋を紛失するのはどうやら私だけではなかったようです。去年の今頃はどこかのブログに「手袋は消耗品です」なんて書いた気がするのですが、今年もそれを実感しました。

 結局のところ、落とした手袋は見つからずじまいでした。ただ、家が遠いこともあり、私が住んでいる辺りではこの時季に手袋がないと厳しいところです。そのため、帰り道の途中でUNIQLOに寄り、1000円の手袋を買ってきました。これをはめて帰ろうとしたのですが、値札がくっついているビニールの(?)ヒモのせいで左右の手袋が離れません。仕方なく、左右の手袋はくっつけたまま左手にだけUNIQLOの手袋をはめ、右手にはさっき落とした手袋の片割れをはめたまま帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腕時計の新調

 昨日まで使っていた腕時計は24時間表示がなかったり、月日と曜日と時刻が同時には表示できなかったり、時刻の調整を1週間くらい放っておくだけで5、6秒ずれてしまったりしていたのが不便でした。  そういう理由で、これらの機能を持っている、できるだけ安い腕時計を買おうとヨドバシカメラに行ってきました。  私が昨日まで使っていた時計は2000円するかしないかという程度で、その前に使っていた時計は実売価格が1000円ですが、時計売り場に行ってみると1万円もするような腕時計が目立ちます。そういう時計を買う人がいるから展示してあるのでしょうが、一体時計に何を求めて1万円を払うのか気になるところです。  だいたいの時計についているアラーム機能も不要だと思います。ほとんどの人は携帯電話を使っているでしょうし、その携帯電話にアラーム機能がついているかと思います。腕時計は携帯電話とは違って、数字とアルファベット数文字程度しか表示できず、方向キーもないので操作性が悪いです。それでもアラーム付きの時計が多いのは、値段を吊り上げるためだろうかとさえ思います。  電波時計は不要な機能だとは思わないのですが、時刻がどれだけ正確なのかが気になるところです。店においてある時計を見ると0.5秒くらいの誤差があるように思います。普通の人にとってこの程度の誤差はあってもないようなものでしょうが、私の場合は個人的な理由で、0.1秒レベルの正確さが欲しいのです。そのため、電波時計は買わずに自分で調整しています。最初に書いたとおり、昨日まで使っていた時計は誤差が大きすぎたので頻繁に調整するのが面倒でした。  恐らく、太陽電池も不要な機能だろうと思います。普通の電池式の腕時計でも電池の寿命が7年程度あります。そんなに長く使っていれば腕時計のベルトが古くなりますし、ベルトを止めておく輪が切れたりするでしょう。そうなったらとき、ベルトだけ買い換えるのではなく、ちょうどいい機会だと思って時計ごと買い換えると考えられます。  しかし、結局買ったのは、最初にあげた条件を満たす、3000円程度の太陽電池付き腕時計です。それを買ったことでヨドバシカメラのポイントが400点増えたので、実質は2600円です。本当は1000円程度で済ませたかったのですが、24時間表示ができるかどうか怪しいものを除外した結果、こうなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)