iPhoneは不要、iPod touchでOK

 Windows Phoneを買ってみたのは良いものの、いざ買ってみると他のスマートフォンの使い勝手も気になってきました。

 Androidを試してみようかとは思ったものの、Linuxの普及には少しも手を貸したくない上、Androidはウイルスだらけなので買うのはやめておきました。

 ではiPhoneはどうかというと、iPhoneというのはiPod touch+電話+GPSのようなものです。iPhoneとiPod touchでは同じようなアプリが動くので、電話が不要であればiPhoneを買う必要がありません。逆に、iPod touchは回線が不要なので買うのが気楽です。……というわけでiPod touchを買ってきました。

 それで、実際にiPod touchを使ってみたのですが、Windows Phoneに比べて使い勝手は良くないように感じます。

 Windows Phoneのスタートスクリーンに相当する画面(iPodでの呼び方は不明)で、何かの拍子に画面上のアイコンがブルブル震えた状態になったことがありました。その状態ではアイコンをクリックしてもアプリが起動せず、一体どうしたものかと迷います。あとから分かったのですが、このブルブル状態は画面上のアイコンを長押ししたときに発生するもので、ブルブル状態でさらにアイコンを長押しするとアイコンの場所を移動でき、ホームボタンを押すと元に戻ることが分かりました。iPodは(おそらくiPhoneも)なんでこんなに分かりにくいのだろうと思います。

 同じ移動操作でもWindows Phoneの場合は、タイルを長押しするとそのタイルが大きく、他のタイルが小さくくらくなるので、その大きいアイコンを移動できることは非常に分かりやすいです。間違ってその状態になってしまっても、関係ないところをタップすれば元に戻ってくれます。

 アプリの操作性も、iPod touchは良くありません。たとえば、あるアプリがウェブブラウザーを起動した後、元のアプリに戻りたくなっても、元のアプリに戻るボタンはありません。この場合、ホームボタンを押してスタートスクリーンに戻り、もう一度アプリを起動し直さなければなりません。

 iPhoneはスティーブ・ジョブズの強烈なこだわりがあるようですが、こだわるところを間違えているのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯4代目

 このまえ機種変更をしたのが去年の6月ですが、きのう5月5日にまた機種変をしました。今回買ったのがW61Kです。最初に使った携帯はA5301T、次以降、A5511T、W53T、それで今回が4代目のW61Kです。

・初代 A5301T
2003/05/13頃に購入、ムービー撮影可、SDメモリーカード対応

・2代目 A5511T
2005/09下旬頃に購入、テレビ(アナログ地上波)視聴可、mini SD対応

・3代目 W53T
2007/06/13頃に購入、テレビ(ワンセグ)視聴可、micro SD対応

・4代目 W61K
2008/05/05に購入、コンパクトモデル、micro SD対応

 A5301Tを買った2003年5月以前には、携帯電話を持っていませんでした。

 2代目の携帯電話機もいまだに持っているのですが、コンパクトな4代目と比較すると、厚さの比が2:3くらいある上に中央が盛り上がっているので2代目は「かまぼこ」みたいに見えます。

No4no2phone
W61K(左)とA5511T(右)

 いままでずっと東芝の機種を使っていたところから京セラに変えたのですが、東芝の機種との違いはそれほど大きくありません。電波OFFモードやら機能設定画面など、見慣れた機能がいくつもあります。ただ、(予測変換ではない)通常変換のボタンが今まで左上にあったのにW61Kでは右上に来ているのが不便です。

 ところで、販売奨励金のない料金体系を作れと総務省が騒いだせいで、auの料金体系が変わりました。ほぼ今まで通りの金額で携帯電話を機種変できる「フルサポートコース」と、端末の購入価格が高くなる代わりに毎月の通信料・通話料が安い「シンプルコース」の2通りがあります。

 「フルサポートコース」もくせもので、安くなったわけでもないのに、その機種を2年間使い続ける契約をしなければなりません。だからといって「シンプルコース」にすればいいわけでもなく、こちらはKDDIが推奨していないためなのか、どうやら安くないようなのです。

 総務省も余計なマネをしてくれたものだな……。と思っていたのですが、今回の機種変だけは得した感じがあります。いままでの料金では機種変をするときに、現在の機種を購入したのが1年以内なら電話機の料金が高く、2年目なら普通、3年目なら安い……という具合だったのでした。しかし、今回は料金体系が変わったからなのか、機種変から7か月以降は誰でも同じ金額で機種変できるようになっていました。

 それでも、2年間継続しようというのは長すぎる気がします。せめて1.5年とか20か月にしてほしい……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

auのJava採用はまだか

 以前、ITmediaでauがオープンアプリを採用することが報じられました。オープンアプリというのはJavaアプリのことです。現在auで採用されているBREWアプリは登録制になっているのに対し、Javaアプリは誰でも作成・配布が可能であることから「オープンアプリ」と呼んでいるのだと思われます。

 ITmediaの記事にもあるようにauも以前はJavaを採用していましたが、BREWはJavaよりも高速に動作するということでJava対応の端末はなくなり、BREWのみになりました。

 しかし、Javaアプリは作りがある程度適当でも大して問題にならないのに対し、BREWアプリはいい加減な作り方をすると携帯電話自体の動作がおかしくなるという問題があります。

 そういうわけで一般の人がBREWアプリを勝手に配布することはできません。BREWアプリを開発・配布するにはKDDI(クアルコム?)に登録し、規格書やらプログラムやらの厳密な審査が要求されます。しかもアプリの動作確認は機種ごとに行う必要があります。ITmediaの記事にはBREWの自由度が高いと書かれていますが、これは機械に対する命令の種類が豊富だというだけです。実際は登録やら審査やらが厳密すぎてかなり不自由です。

 当然これではアプリを開発する人も、アプリ自体も極端に少なくなってしまいます。それでもWIN機種はまだマシでしょうが、非WIN機種では対応アプリをほとんど選べない状態になっています。

 KDDIもさすがにそれはまずいと思っていたようで、一度は見捨てたJavaを再び採用するに至ったようです。ただ、BREWアプリがなくなってしまうのではなく、Javaアプリを動かすためのソフトウェアをBREW上で動かすようです。

 そろそろJava対応機種が発表されてもいい頃かなと思ってauのカタログをときどき確認するのですが、まだ発表されていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MP3プレーヤーの買い換えが不要になるかも

 この前書いたように、私はいまでも5年前のMP3プレーヤーを使い続けています。そして、学割の期間が終わる来年には、WIN機種を使い始めようと計画しています。

 いま使っているMP3プレーヤーはなぜか音飛びするほど古いので、新たにMP3プレーヤーを買うかどうか迷うこともありました。しかし、音楽を聴くことのできる機種「MUSIC HDD」が発売されてから迷いはなくなりました。

 ただ、いまはガク割に加入しているのですが、WIN機種にはガク割が適用できません。ガク割をやめると、たとえauに加入していても違約金を取られてしまうのでWIN機種に乗り換えられないでいます。

 いままで販売されていた携帯電話の音質はどうなのか知りませんが、こんど発売されるauの携帯電話は音質が非常にいいみたいです。携帯電話のバッテリーがどうなるかが気になりますが、MP3プレーヤーと携帯電話の両方を持ち歩く必要がなくなるのはかなりいいと思います。

 ところで、以前はデジタルカメラを買うかどうか迷っていたこともありましたが、携帯電話にカメラ機能がついたために買わずにすみました。そして、携帯電話で音楽が再生できるようになるとMP3プレーヤーを買い換える必要がなくなり、いま持っているMP3プレーヤーもそのうち持ち歩くこともなくなるでしょう。

 きのうはニンテンドーDSを買うかPSPを買うか迷っているという記事を書きましたが、そのうち、持ち運べるゲーム機も買う必要もなくなりそうです。

 ただ、非常に残念なのはauがBREWを採用していることです。BREWは登録しないとアプリの開発ができないうえ、アプリの審査が非常に厳重なので多くの開発者を事実上の門前払いにしてしまっています。そのため、どうしてもアプリが少なくなります。これだけの理由でDoCoMoに乗り換えようかと思ったこともあるくらいです。

 これでは携帯ゲーム機が不要になるのはまだまだ先の話でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話のカメラ、使ってますか?

 携帯電話のカメラ機能をちゃんと使っている人は少なそうだと思います。別にTU-KAの宣伝をしているわけではありません。むしろ、カメラがあるんだから使った方がいいだろうという発想です。

 どこかに遠出したときに見た珍しいものを撮影しようというのは分かりますが、写真を撮ることを遠出したときに限る意味はないのです。いつでもカメラを持ち歩くことができるようになったのですから、大して珍しくないものでもどんどん撮影してしまえば良いかと思います。

 私は、いつも使っている腕時計や自転車やシステム手帳やバッグ、近所のノラネコ、パソコンのスピーカー、買ってきたサンテ40、公衆電話など、割とどうでも良いものまで撮影しています。以前見かけた、初心者マークを大量に貼っている車を撮影できなかったことは心残りです。

 こんなものも写真に撮りました。
Photo_4
 何かの標識のはずですが、真っ白なので何の標識なのか分かりません。

 パソコンと携帯電話を直接接続するケーブルを持っている人や、SDカードなどの外部メモリー対応の携帯電話を使っている人の場合、携帯電話で撮った写真をパソコンに移すようにすれば、好きなだけ保存することができます。

 そして、写真を保存したフォルダをGoogleデスクトップの「写真」パネルで指定しておけば、パソコンをやっている間、写真のスライドショーを見ることができます。ときどき画面の端に目をやると、壊れてしまったコップが写っていて、前にこんなものを使ってたなあと思い出したりするのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

就職と携帯電話とインターネット

 今月は携帯電話の使用料金を調べようと思いauのサイトにアクセスしたのですが、いつの間にか、新しい機種はどんなものがあるのか調べていました。製品のラインナップを見ていて、WIN機種が多いことがどうしても気になります。今後はcdmaOne 1Xの機種は減っていくのでしょうか。

 現在は「コミコミOneエコノミー」にガク割を使っているので、通信料と通話料を無料通話内に抑えれば毎月2404円で済みます。しかし、WINに乗り換えるときは問題があるかもしれません。どういうわけかWINの料金プランにはガク割が適用できません。しかもガク割は1年単位の契約になっていて、途中で辞めると違約金を取られてしまうのです。

 携帯電話で音楽を聴くことのできるMUSIC HDDが発売されたときはWINに乗り換えようかと少しだけ思ったのですが、ガク割を適用できないので断念しました。

 それで「就職したときにWIN機種にしよう」と考えました。WINの最も安い料金プランに年割を適用し、EZwebの通信も一番安いものを使えば毎月2700円くらいで済みそうです。

 ところで、パケット通信の料金を調べようとしていたとき、間違えてデータ通信のページを開いてしまいました。ここでデータ通信というのは、パソコン本体にアダプターやケーブルを差し込むことで、携帯電話の回線を通してパソコンでインターネットに接続するサービスのことを指すようです。

 ひょっとするとプロバイダーに加入するより、ダブル定額を使ってこれでインターネットをするほうが安いのではなかろうかとも思いました。しかし、こんなことが書かれていました。

注2)       au.NETのパケット通信料は、「ダブル定額ライト」・「ダブル定額」の上限額の対象とはなりません。

さすがにそううまくはいかないようです。

 就職したらどのプロバイダーに加入しようかとDIONのページを少しだけ開いてみたりもしました。しかし、就職後に住む寮のインターネット環境がどうなっているか分からないことに気づき、あとで考えるべきだろうという結論に至りました。寮では光ファイバーケーブルの帯域を入居者で分け合ったりしているのでしょうかね。

au by KDDI
http://www.au.kddi.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

持ち物の紛失防止にこんなものが欲しい

 私はよくものをなくします。財布や電車の定期券をなくしたこともありますし、手袋なんてほぼ消耗品のようなものです。自転車を紛失したことはさすがにありませんが、2つある鍵の片方をなくしてしまったことはあります。いまは携帯電話のケースをベルトにつけているので多分なくさないでしょうが、数ヶ月前は携帯電話を電車に置き忘れてしまいました。

 できるだけなくさないようにする方法をあれこれ考えてはいます。それでも不安なので、あらゆるものに「体から離れたらブザーが鳴る機能」をつけられればと思うこともあります。たとえば、500円玉4枚程度の大きさの発信器を紛失しやすいものに貼り付けておきます。その発信器はいつも携帯電話と通信し、携帯電話から1メートル程度離れると携帯電話が振動します。振動ではなく着うたを鳴らすなどの設定や、この機能のON/OFFは携帯電話で行うとします。

 これなら、物をなくしにくくなるのではないでしょうか。実現しませんかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)