被災した自治体へふるさと納税

 募金しようにも、そこらでお金を集めている怪しい集団に渡して大丈夫なのだろうかという不安があり、私は恥ずかしながら募金をためらっていました。

 これに関連して、今日の「学べるニュース」の池上解説で言っていたのですが、どうやらふるさと納税で自治体に寄付できるそうです。そういえば、そんな制度もあったなあ……と。これなら自分の募金が変な用途に使われたりしないか……なんていう不安は必要ないですね。

 ふるさと納税として寄付すると、納めた金額に応じて所得税や住民税が差し引かれるわけですが、差し引かれるためには確定申告を行う必要があるそうです。そのやり方は「確定申告の方法 ふるさと納税で(以下略)」に分かりやすく書かれています。

 寄付した金額が全額差し引かれるわけではないです。それもそのはずで、全額差し引かれたら寄付ではなくなってしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレジットカード紛失!

 やってしまいました。クレジットカードを紛失してしまいました。

 そのカードは、とある店の割引のために会員証として使っているもので、クレジットカードとしては普段使っていない……というより、使ったことがない(?)です。会員証だったら、クレジットカードの機能がないものを用意してほしいところですね。

 ……と、そんな文句を言ってもしょうがないのでカード会社に連絡し、機能を停止してもらいました。氏名やら住所やらを聞かれましたが、カード番号は知らなくてもいいみたいですね。焦ってカード番号が書いてある紙を探し回るいとう回り道をしてしまいましたが、とりあえず一件落着です。

 なくして気づいたのですが、公共料金などを払うカードと普段の買い物用のカードは分けた方が良さそうです。公共料金用カードを変なタイミングでなくしてしまうと料金を滞納してしまうので、絶対なくさない場所にしまっておくわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心の中で留めておく店員に対する答え

「レシートはよろしいですか?」「(雑誌と食品の)袋を分けますか?」「箸はつけますか?」「スプーンはつけますか?」
⇒何でもいいのでいちいち聞かないで下さい。

「クレジットカードでのお支払いでよろしいですか」
⇒クレジットカードを出してるんですから当たり前じゃないですか。

「お支払い方法は?」
⇒クレジットカードを出してるんですからクレジットカード払いに決まってるじゃないですか。現金払いとか、銀行振り込みをするわけないでしょう。

「お支払い回数は?」
⇒最初からそう聞いて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社会人2年目

 4月1日から社会人2年目になりました。……といっても、入社してしばらくは遠隔地で集合研修をしてから配属されるので、実質的に2年目といえるかどうか微妙なところです。

 1年を振り返ってみて社会人と学生とで何が変わったか……。真っ先に思い浮かぶのは、学生の頃は授業に必要な教科書などを忘れると困ったことになっていたものの、仕事に使う資料などは家に持って帰る方がまずいので忘れないで済むことです。

 ……と、こんなことを考えているわけですが、2年目ということで、そろそろ社会人としての自覚を持つべき何だろうなと思うことはあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)