AKB48の着うたフルをダウンロードして分かったこと

 最近、AKB48の「ポニーテールとシュシュ」の着うたフルをダウンロードしました。AKB48の曲を買うのはこれが初めてです。

 ですが、率直な感想はがっかり。音だけ聞いてみると単なる合唱だなあ……と思ってしまいます。ボーカルが1人で歌がうまいと聞いてて心地よいのですが、たくさんいるとどこかピンとこない気がします。

「歌だけ聴いてもいいよ」と思う人はたくさんいるのでしょうが、私にとっては、映像でたくさんいるメンバーを見る壮観の方がいいなあと思ってしまいます。

……といいつつ、「大勢で出てくるよりも、音楽以外の番組で(ドラマやバラエティーで)1人や2人だけ出てくる方が印象がよく見える」と感じたこともあります。

 私はどうやらAKB48ファンにはなれないらしいと気づきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分と同い年の有名人には誰がいますか?

 私が小学生の頃に放送されていたドラマで「家なき子」があります。その話をしていて、安達祐実が私の1歳上だということを6年上の先輩に言ったところ、なぜか驚いていました。

 そこで、自分と同じ年に生まれた有名人はどんな人がいるんだろう……ということが気になったので調べてみました。私が生まれたのは1982年です。Wikipediaで1982年を調べたところ、1982年生まれの有名人が一覧で出てきました。

 1982年生まれで特に有名な人はこんな感じです。

04月21日 - 安田美沙子
08月22日 - 相澤仁美
09月09日 - 大塚愛
09月14日 - 成宮寛貴
09月28日 - 吹石一恵
10月15日 - 真木よう子
10月22日 - 松本莉緒
10月28日 - 倉木麻衣
11月02日 - 深田恭子
11月10日 - 角田拓也(ザ・たっち)
11月10日 - 角田和也(ザ・たっち)
11月11日 - 東原亜希
11月13日 - 倖田來未
11月15日 - 平井理央
12月12日 - 加藤あい
12月13日 - 瑛太

 結構たんさんいるな……というのが正直な感想です。ザ・たっちの2人と同い年なのがかなり意外でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

押切もえの「モデル失格」をなんとなく読んでみた

 押切もえがモデル失格だったら一体誰が合格できるんだろう……。本屋で見かけた本を見て、そんなことを疑問に思っていました。

 実際に読んでみると、ああ、なるほどなと思えます。昔の売れていなかった時代は貧乏をしていて、モデルなのに私服がろくに買えなかったこと、テレビのコメンテーターに呼ばれたのに新聞が読めない状態だったこと、モデルの体格ではなかったことなどが明かされています。

 体重だったらある程度は融通が利くかも知れませんが、身長や年齢が適さないというのはどうしようもないのでは……と思ってしまいます。

 本の帯には逆境が押切もえを作りましたと書かれていますが、読んでいると本当にそれが実感できます。押切もえは強烈なプラス思考の持ち主で、身長や年齢の不適性すら乗り越えています。

 とはいっても、モデル体格ではなかったとか美人顔ではないとか書かれても、この本の文章を読んでいるときは納得しますが、本やらスポーツ紙の記事やらこの本やらの写真を見るとどうもピンとこなくなります。やっぱりモデルって相当レベルの高い世界なんだなと。

モデル失格 ~幸せになるためのアティチュード~ (小学館101新書 24)Bookモデル失格 ~幸せになるためのアティチュード~ (小学館101新書 24)

著者:押切 もえ
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンタの神様、桜塚やっくんが新展開

 きのうは爆笑してしまいました。

 エンタの神様に頻繁に出演し、いつも面白いネタを演じてくれる桜塚やっくんですが、最近はなんとなくワンパターン化してきたかなとも思っていました。紙芝居で会場にいる2人に登場人物の役をやらせるようになったのが4月くらいなので、さすがに慣れてきます。

 きのうはとてもそう思えないような面白さを誇っていたと思います。今回は「好きな人と海でデートをするから、スケバン恐子の中の天使と悪魔になってアドバイスをしてほしい」ということになりました。恐子が店でお釣りを多くもらったときの天使のアドバイスは「お釣りはいりません」だったり、悪魔は「お釣りが足りないよ」だったり、かなり暴走しています。

 ここに書いたものを読んでも面白くないでしょうから、来週土曜20時からエンタの神様を見ることをお勧めします。私は来週以降のエンタの神様がいまから楽しみです。

 ところで、摩邪の話によるとヒライケンジがCDを出すそうです。ヒライケンジは出演時間が短くなってきたのでそのうち一発芸のようになってしまうのかと思っていましたが、出演してすらいないのにネタは提供するところはさすがです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レミオメロンってどんなメロン?

 変な名前だなーとは思っていました。きのうまでレミオロメンの名前を「レミオメロン」だと思っていたのです。間違って名前を覚えていたので、変な名前だと思うのも当たり前ですね。正しい方の名前でも変な名前だと思うのはきっと気のせいでしょう。

 他に間違っている人もたぶんいるだろうと思い、「レミオメロン」でGoogle検索してみると「レミオメロンじゃございません」というタイトルのページがトップに表示されました。いきなり否定されてます。それでも46100件ヒットするのですから、間違えている人は結構いるようです。

 レミオロメンといえば、先週の土曜日にエンタの神様でヒライケンジが「粉雪」を歌っていたのを思い出します。最初の1ページに「粉雪 レミオロメン」と書いてあったはずですが、案外これも「レミオメロン」になっていたりはしなかったか……などと思ったりもします。残念ながら録画していたわけではないので確認はできていません。

 そういえば、この前の日曜日にヒライケンジに関する記事を書いたことを思い出しました。……ということは。気になってその記事を確認してみると、「レミオメロン」としっかり書かれていました。ヒライケンジを思いこみで馬鹿にしているところではありませんね。

エンタの神様
http://www.ntv.co.jp/enta/

| | コメント (0) | トラックバック (0)